×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×白菜と豚肉の煮込み

aliment40.jpg

*白菜と豚肉の煮込み
*あんかけご飯


<1歳2ヶ月2日の食事>

白菜と豚肉を鍋に放り込んで、お水をちょっと加えてから火にかけて放っておくだけ、の
手抜き料理の超定番きゃっ 
取り分けた後、大人用にはちょっとだけ塩をプラス。
ムスコの分は、食べやすいように包丁でトントン♪

ご飯は、和光堂のあんかけの素で、これまた手抜き。(笑)

⇒白菜大好きHeart2なので、これはいつもおいしそうに食べてくれる。
  用意するのが面倒な時の、お助けメニューでもあるのデス。


スポンサーサイト

×白菜のお好み焼き

aliment39.jpg

*白菜のお好み焼き


<1歳2ヶ月1日の食事>

これは、ベルギーのnonaさんのアイデアをお借りして、挽肉の代わりに大豆をいれたものうふ
かつおぶしをたっぷりいれるので、ホント、ソースなしでも充分おいしいぴーす

白菜の甘みがおいしくて、キャベツで作るよりも好きかもスマイル
おいしい♪ おいしい♪ と一人で盛り上がる母をヨソに、ムスコの反応はふつー...涙

このミニサイズの白菜のお好み焼き。
ちょっぴり塩をきかせたら、絶対、酒の肴 としてイケルわぴーす

×昨日の残りでマッシュポテトグラタンなど

aliment38.jpg


*ささみとほうれん草のマッシュポテトグラタン
*ブロッコリーのごま和え
*虹鱒の包み焼き


<1歳1ヶ月30日の食事>

前日の残りのささみとほうれん草の炒め物に、KIRIをいれてレンジでチン。
それを、マッシュポテトにのせてオーブンで焼いたもの。
これなら、前日と味が変わるからいけるかな、と。

くたくたに茹でたブロッコリーに、お出汁をかけてゴマを混ぜただけ。
大人用と一緒のモノ。

虹鱒にピーラーでそば状にカットしたにんじんと大根を乗せて、紙包み焼きに。
味付けなしで、これも完全に取り分け。

⇒この日のメニューも全部よく食べた~顔-ニコ
  虹鱒なんて、私の持ち分がかーなり少なった...。(苦笑)
  ささみ&ほうれん草に、クリームチーズ&じゃがいもは相性バツグンスマイルだったようで、
  残りモノ活用術、大成功ぴーすと言っていいでしょう!


×ツナとキノコの炊き込みご飯

aliment36.jpg

*ツナとキノコの炊き込みご飯
*ズッキーニのオープンオムレツ
*ほうれん草とささみの炒め物
*じゃがいもとビーツのサラダ


<1歳1ヶ月29日の食事>

ご飯は、ベルギーのnonaさんが作っていたのを私もマネさせてもらったものスマイル
ツナ・マッシュルーム・にんじんの炊き込みご飯。(出汁のみで、醤油などの味付けはナシ。)
完全に大人用と一緒。

お次は、とき卵にふかしたズッキーニをいれて焼いたオープンオムレツ
味付けなしで、こちらも大人用と一緒。

自分用のチキンと一緒に、味付けナシで焼いたささみ、その焼き汁を加えたほうれん草と
ささみの炒め物
。食べやすいように包丁で細かくたたいて。

最後は、ロシア料理として知られているビーツとジャガイモのサラダ
本当は、じゃがいもは角切りのところを、今回は食べやすくマッシュで。
味付けなしで、大人用と一緒。

⇒全種類、ほんとーーーーよく食べてくれたきゃっ
  撮影用に、珍しく格好つけて盛り付けたけど汗 何度もおかわりを要求してくる
  モンだから、あっという間に変わり果ててしまった...。
  さすがにオムレツは、まだ一度にたくさんはあげられないので、ズッキーニだけを
  ほじくって誤魔化して、私は穴だらけになったオムレツを頂きました...。(笑)
  ご飯もすごく気に入ってくれたし、結局、総量でどれだけ食べたんだろう??? 
  とにかく、よく食べた!!!
  

×ほうとう風うどん!?

aliment35.jpg

*ほうとう風うどん!?

初干ししいたけ。

<1歳1ヶ月26日の食事>

大根、かぼちゃ(Potimarron)、キャベツ、にんじんでほうとう風???
うどん、なんて書いてますが、実はコレ、エンジェルヘアーというパスタ。
離乳食で、素麺代わりに使うのに便利なのデスぴーす

わずかにある日本製は高いし汗 まことしやかに囁かれている噂が多くて中国製はオソロシイ。
自分用に使っているのは韓国製だけど、1歳児のムスコには食べさせたくないのよねぇ、、、。
ヘタなアジア系の麺を使うくらいなら、スーパーで普通に売られているパスタで代用する方が
イケルっていうのもあって、ワタシ、なんちゃってアジア料理のパスタ使用度高し、、、デス。

⇒これは、特に汁が気に入った様子。
  あ~んHeart2 とお皿にかぶりつこうとすること数回。(笑)
  おいしそうに完食してくれると、ほんっとうれしっきゃっ

×フランスのベビーフード

bf01.jpg


こちらは、フランスのどこのスーパーでも見られるメジャーなメーカー製離乳食@18ヶ月用。
先輩ママさん達からウワサは聞いていたものの、、、病人用流動食ですかっ!!!という感じ。

bf02.jpg
 ドロドロドロドロ...

 これを、子供の口に放りこむと、ズルズルっと自動的に
 流しこまれる仕組みですな
 ちなみに、これはかなり固形が残っているタイプ。
 18ヶ月にもなって、オールピューレ状のものもしっかりある。

フランスでは、日本ほど「咀嚼」が重要視されていないように思う。
確かに、日本で定番のモグモグ → ごっくん → カミカミなんて、マメでがんばり屋の日本の
ママだから出来ることで、料理と家事が苦手(=努力しない)フランス女にゃムリな話、、、。
ハンディーミキサーでがーーっと一気にやっつけてしまう方が楽だもんね。

そういうワケで、フランス人ったら、大人になってもピューレ状の野菜や果物を好む人も多いし、
実際にスーパーの出来合いコーナーにも売られている。
クチの悪い私は、モノを噛まないからフランス人はこんなにバカなんだ、と本気で思ってる

食材それぞれの食感を完全にムシしたこの感覚、私を含め、こっちにいる日本人ママには大不評。
日本のような、離乳食を楽にしてくれる補助アイテムは存在せず、100%自分でやるか、このテの
完成品を買うか。
学校に上がるような年齢になったって、やたらと流動食のようなモノが出されるこの国で、我が
ムスコには「食感」のわかるヒトになって欲しい、、、母、ガンバリます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。