×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Pain au lait ミルクパン

aliment57.jpg


万年、腹をすかしている食欲旺盛のムスコのために、手間いらずでちゃちゃっと与えられ、
且つ安全、そしてお手ごろ価格、、、というワガママな希望をかなえてくれるモノを
無意識に探すクセがついたような気がする。

愛用のBIOの食パンシリーズより、Pain au laitミルクパンが出ているのを発見。
その上、たびたびお世話になっているカルフールBIOからも、発売されてるじゃーないのっ。

託児所のお昼ご飯を、毎回残さずしっかり食べて、おやつもしかり。
それでも、迎えに来た私の顔を見るなり、バッグをあさり始めるムスコ
ワタシ=食べ物、救援物資を運んでくれる大切なヒト、ってわけだな...。

日本的にはお行儀がヨロシクナイのですが、帰る道すがら食べさせるのに便利なんだわー。
しかも、引っ越し先のアパート近くのスーパーでも発見。
幼子抱える主婦としては、こういうポイントってすごーく大事よねっ 




スポンサーサイト

×フランス版ポン菓子!?

aliment59.jpg


ずいぶん昔に近所のスーパーで見つけてから、大活躍していたコレ。
日本のポン菓子が懐かしくなるような、円盤型に成型されたぽんっとはじけたお米に
ハチミツの優しい甘み。
しかも、フランスには珍しく小袋サイズで売られてる。

うれしくなっちゃって嬉々として近所のママ友にも教えたというのに、商品棚から消えた、、、。
いろーんなスーパーを探し回ってみたけど、今のところ悲しいかな全敗
サイトで調べてみたら、生産中止になったワケではないらしい。

見かけた方は、是非、情報くださいな~。m(_ _)m

×京都 うね乃のお出汁

名島屋のお出汁がすっかり気に入り、この手のタイプで他のメーカーのものを
探していたところ、ヒットしたのがコチラ。

「京都 うね乃」
http://www.odashi.com/SHOP/1.html

なんでも、食にこだわりをもつあの渡辺満里奈ちゃんもご愛用らしい。
スーパーでも買えるらしいけど、たぶん明治屋だの成城石井なんだろうなー。
少なくとも、私が愛用していたサミットや東急ストアーでは扱っていないと思われる

ちょうどロンドンのいとこのお友達がこっちに遊びに来るというので、運び屋を申し出て
くれているので、近々入手予定。むふ

×名島屋 出汁

もう帰国するから、と友達が譲ってくれたこのお出汁。
鹿児島県枕崎のかつお節、長崎は近海のうるめいわし、熊本のもろみに北海道羅臼昆布を
無漂白のティーバッグにいれた一品。
もち、材料は、原産地にこだわった無添加のみ。



本格的でありがなら、ティーバッグにいれてあるおかげで、面倒くさがりの私にも
ストレスを感じることなく、お手軽に使えるところがすごくいい。
その上、使ったあとはティーバッグから中を取り出せばふりかけとして頂ける。

どんぶり勘定なくせに、ヘンなところで貧乏くさい私のツボなんだな。
こういう「1粒で2度おいしい」的な商品。

furikake.jpg

使い終わったお出汁を、乾煎りして
お好みでゴマや松の実などいれてふりかけに♪


毎日和食を作るわけではないので(海外に住んでいても、毎日きちんと作ってる方はたっくさん
いらっしゃると思いますが)、消費するペースなんてたかがしれてる。
出来るだけケミカルなものは避けたい、でも面倒なのはイヤ、かといってやたらとお値段が張ると
続かないし、、、というワガママに答えてくれるこのお出汁。

日持ちもするので、海外在住の方にもオススメです

×Bonne Mamanの新製品

aliment44.jpg


実は、cc-ristさんのブログで知ってから、ずーっと気になっていたコレ。

Bonne Maman Monsieur Biscuit(ボンヌ ママン ムッシュ ビスキュイ)

ミーハーに便乗してやろうといそいそ探すも、どこのスーパーに行っても出会えず
これが、首都と地方の差ってヤツなんでしょーねぇ。やだわー

少し前のコト、近所のモノ○リにてとうとう発見
なんでも、写真のバニラの他に、チョコレートとイチゴ味があるらしいけれど、お店にあったのは
バニラ味のみ。

説明書きを見てみると、これは子供用に作られているそうで、確かに甘さ控えめ、たまごボーロの
ような粉っぽさを残した素朴なお味。

赤ちゃんの頃から、徹底的に甘いものを仕込まれて大きくなるフランス人。
具体的な消費量で言うと、フランス人の年間砂糖消費量は、1人当たり40kg前後
ちなみに、日本人はこの10年くらいずっと横ばいで18,4kgと、フランス人の半分以下。
砂糖を料理でも使う私たちに対して、フランスではお菓子に使うのみ。
で、これだけ消費してるんだから、フランスのお菓子がかなり甘いのもよーくわかる。

そんな中で、この甘さ控えめは、ありがたし。
1つずつ個別包装になっていて携帯にも便利だし、これならムスコのおやつとして合格デス


×ハインツBIO

日本でもすっかり浸透しているハインツのケチャップ。
ここ数年のBIOブームのお陰か、食べ物はもちろんのこと、コスメに衣類と、
比較的手頃な値段のBIO製品がどんどん発売されていく。
このハインツのBIOケチャップもほーんのちょっぴり余分に払えばいい程度。

それであれば、ムスコ用にと買ってみた。

tomato.jpg


環境自体が汚染されているこのご時勢、どれだけケミカルなものを避けようと
努力したって限度がある。
すっかり汚染されつくしているであろう私の身体はともかく(苦笑)、まだまだ
人生これからのムスコの身体は、ちょっと頑張ってでも守ってあげたいと思うのデス。
なので、私の懐が許す範囲内で、ムリなく続けられる程度に気をつけていきたいな、と


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。