×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×手抜きするための下準備

いかに時間と手間を省いて台所を回すか(←どうやって楽するか。)、
これが、私の日常にとって最重要事項となっている。
まずは、買い物に行くのが難しい。次に、やっと買いに行けても、
今度は調理する時間がなくて腐らせてしまうことが結構ある、
ナサケナイ話ですが…

よって、冷凍保存をフル活用、です。
極力、常備しておくようにしているのがこの辺り。

oignon blanc


●オニオンブラン ・・・ 小口切りのもの、日本の「アサツキ」感覚で、
            活用範囲が広く便利(※上の写真)
●ポワローねぎ ・・・白い部分・・・縦に4分割してから刻んだもの
          緑の部分・・・縦に裂いて、ある程度小さくしてから斜め切り
●にんじん ・・・ 調理方法によって使い分けたいので、いちょう切りと
          拍子木切りの2種類
●ほうれん草 ・・・ 以前は、まとめて1Kg買って、茹でて小分けにしていたけれど、
          今は既製品(ブロック状ではなく、葉っぱのままバラでパッケージ
          されているタイプ)を利用。
●グリーンピース ・・・ 冷凍を既製品で

最近、試しにやってみてすごくよかったのがこの2つ。

oignon.jpg
玉ねぎのすりおろし - 玉ねぎ中1個分

gingembre.jpg
ショウガのすりおろし - ショウガ、中くらいのサイズ1つ分


ドレッシングや調理に、ほんの少し欲しいだけ。
日本では常備していたショウガも、こちらではたまにしか買わない。
ちょっと加えるだけでおいしくなるのはわかっていても、その都度
少量だけ用意するのが面倒で省いてしまうことがほとんど。
というわけで、まとめてBamixですりおろして、ファスナーつき
ビニール袋に入れて冷凍。
必要な分だけ、パキパキ折って使えるので、便利で簡単。

この冷凍野菜
 +缶詰の豆類・コーン・もやし
 +わかめ・ひじき・干ししいたけなどの乾物
 +常備野菜の玉ねぎ・じゃがいも、
 +うまく買い物が出来た場合には、フレッシュな野菜がいくつか加わって、
これらを適当に組み合わせて調理をする。

ははは、うちの冷蔵庫がどれだけ空っぽで、いかに保存食に頼っているかがバレますな。

スポンサーサイト

×放置して麺類・パスタをゆでる

麺類やパスタも放置して火を通せば、吹きこぼれもナシ!


1.沸騰したお湯に麺類・パスタをいれる。
2.火を止め、フタをして、指定されたゆで時間分放置。
   ※途中で一度かき回してほぐす方がベター。


×放置してゆで卵

硬さがマチマチになってしまいがちなゆで卵。

この方法なら、いつも一定の状態で出来ます。
しかも、放置しておくだけ


1.小鍋に卵をいれて、お水をいれる。
2.沸騰したら火を止めてフタをし、好みの硬さになるまで放置。

   放置時間7分 → 黄身が柔らかめ
   放置時間8分 → ごく普通の硬さ
   放置時間9分 → 固ゆで
    ※使っているお鍋によって多少変わると思うので、自分で
     ベストの時間を見つけてください。

100均で買ったタイマー、もう大活躍


さらに、こーんな方法までネットで見つけた。
こちらも簡単で便利ですぞ。

×レンジでグラタン

こちらも震災後に見つけた手抜きワザ「電子レンジで作るグラタン」

さて、こちら。
材料を耐熱ボールにぶちこんで、あとはレンジにお任せ

火を使っていると、ちょっと手を離した隙に焦がしてしまったり、慌てて
「アチッ!」なんてこともあり、ただでさえ忙しくてイライライライラーーッ
してるところに、まさに火に油を注いでしまう結果になりかねない。(苦笑)

が、これなら安心♪ 洗い物も少なく済んで一石二鳥。


<電子レンジで作るグラタン>

1.切った野菜類、チキンなどの具材とバター、もしくはオイル(私は加熱調理には
  酸化しにくいグレープシードオイルを使用。)、薄力粉を耐熱ボールに入れて、
  MAXのW数で1分半加熱する。
   ※うちのレンジは、1200WがMAX。W数によって、時間は調節してください。

2.いったん取り出して、菜箸で混ぜてから、牛乳をいれて6分加熱。
  その6分の間に、2~3回グルグル混ぜるのがポイント。



×圧力鍋で炊飯

震災のあった少し後、限られた時間と電力で調理することを強いられた方々が
レンジや圧力鍋を使って短時間で出来る調理方法をたくさん発信していた。

節電自体は、どこに住んでいてもプラスなコト。
多忙な毎日、家事に当てられる時間にかなり限りがあるので、家事を簡略化
できる便利な情報があるかもしれないし、、、と多少検索してみた。

さて、その中でも私的にヒットだったのが「圧力鍋でご飯を炊く」。
自分用備忘録として残しておきます。


< 圧力鍋でご飯 - 3合で水3杯 ->

1、お米を洗いザルで水を切る。(正確な水を測るため)
2、30分浸水
3、強火→おもりがゆれ始めたら弱火で5分
4、火を止めて10分蒸らす



ちなみに、5合の場合も加圧・蒸らし時間はこのまま。
私は、基本的に玄米と白米を1:2で混ぜているのだけれど、このやり方で
ふっくらおいしく炊きあがった。


   

×料理の手抜きワザ

フル回転で仕事を終えて、子供を迎えに行き、マッハの速さで食事を作りながら、
子供をお風呂にもいれなくちゃいけないのが、ダンナ不在のワーキングママの毎日。

大人が1人しかいないと、どちらかがご飯を作っている間に、残りのどちらかが
お風呂にいれる、なんて効率よく片付けることは出来ない。
物理的に考えると、日々、普通の人の2倍の時間と労力を要する計算になるワケで。

となると、鍵となるのが「数秒でもいいから、手を空けられるコト」。
いかに、持ち場を離れ、放置できるかが重要ポイント。

その一瞬で、子供をトイレに連れて行ったり、お風呂に放り込んでおいた子供の
髪を洗ったり、子供の粗相を片付けたり、洗濯物を干したり、、、
細切れに、でも確実も前進できる。
塵も積もれば山となるのデス。

救世主となってくれるのが、持ち場を離れ、放置できる『電子レンジ』と
キッチンタイマー(100均のデジタルタイプ使用)。
今の私、これがないと生活できません...。(^^;)

というワケで、私と同じように孤軍奮闘、日々頑張っているママさん達と
料理で手抜きができる方法なんぞを交換できたらいいなぁ、と、こんな
カテゴリーを作ってみました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。