×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×お食事メモ

メモ代わりに、最近のムスコゴハンを。



<1歳前後の食事>

aliment26.jpg


<穀類ご飯のおにぎり>
私用のご飯を水分多目に炊いたもの。
別途用意するのが面倒で
そう、私が軟飯を食べればいいのです!!!(笑)

白米、玄米、キノア、粟、アマランサス、大麦、黒米のミックス。
普段は、そばの実も入れてるんだけど、さすがにこれはまだ止めておいた。

  ⇒ 穀類は、すっかり慣れたので、おいしく完食。


<かぼちゃのそぼろあんかけ>
たまたま通りかかったBIOのマルシェ。
Potimarron 2.20ユーロ/kg、手に取ったものは1kg弱で2.16ユーロ。

そぼろは、BIOのお店で買った加熱処理済み、砕かれて乾燥した状態で
売られている大豆。
ふかしたPotimarronとお湯で戻した大豆で作ったあん(お出汁は、いつもの
かつお+うるめいわし+羅臼昆布。とろみはコーンスターチ。)で煮ただけ。

  ⇒ 日本のかぼちゃと違って、ちょっと独特のエグミがあるからかな~。
     いちおうは食べたけど、食いつきはイマイチ。


<白菜の煮物>

白菜とにんじんを、かつお+うるめいわし+羅臼昆布のお出汁で煮ただけ。

  ⇒ このあたりの野菜の煮物は、食べなれているからかいつもOK。



        *    *    *    *    *    *


aliment28.jpg


<白米のおにぎり>
とろろ昆布と青海苔をのせたおにぎり。

  ⇒ とろろ昆布&青海苔を嫌がることもなく。特別喜ぶこともなく。(笑)


<かぼちゃコロッケ>

ふかしたPotimarron、粉ミルクを混ぜて、衣は穀類粥で大活躍しているBIOの
キノアフレーク。 揚げずにちょちょっと油をつけてからオーブンで焼いた。

  ⇒ ミルクが入っていて、上のそぼろあんかけよりも手を加えてあるからか
    えぐみを感じなかった様子。 おいしそうに完食。これは、かなりのヒット!


<ひじきの煮物>

イギリスのいとこが運搬してくれた日本のひじき。ありがたやー
にんじん、 BIOの乾燥クラッシュ大豆をかつお+うるめいわし+羅臼昆布の
お出汁で煮たもの。

  ⇒ いちおう食べてくれたけど、少々モソッとした感触がイマイチだった様子。


<オニオンスープ>

炒めたたまねぎをコトコト煮ただけのコレ。もう、完全に定番。

  ⇒ これは、お皿にかぶりついてくるくらい大、大、大好きな1品。
     これを出しておけば、間違いナシ!


歯が生えてきたら、もうちょっとメニューが広がるかなー。


        *    *    *    *    *    *


それから、ちょっと面白いモノを試したので〆に。(笑)

日本人ママに評判がよろしくない、チョコレート味だの、キャラメル味だの、余計な
甘みをつけたこちらのベビーフード。
たまたま試供品をもらったので、試しもしないで否定ばかりしてちゃいかんな、と
試してみた。 あ、自分でね。

ミルクに入れて摂取する、Blédine Croissance Dosettes CHOCO-BISCUITÉE

カップ1杯の豆乳に混ぜると、結構なドロドロ感にまずびっくり。
哺乳瓶の穴、大きくないときっと通らないんじゃー???
想像通りの甘ったる~い臭いにビスケット+チョコレート、まんまのお味。
ビスケット+チョコなので、まずいワケじゃないんだけど、なんともわざとらしい味。
原材料を見てみると、バニラともうひとつの香料、乳化剤などの添加物に加えて、
フランスお得意のビタミン、鉄分などなど。

なによりも、これは与えたくないな、と思ったのが、飲んだ後の不自然な満腹感。
胃がズドンッと重くて、ムリヤリ満腹にさせられた、という感じ。
もちろん、到底快適とは言えず、しばらくの間ムカムカ...。
身体に良い、自然で質の良いモノを食べると、満腹だけど軽くて快適でしょ?

これで本当に納得
ムスコにこんなのあげませーん。
 

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。