×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×日本のオヤツ

日本からいそいそと運んできた貴重なおやつ達。
チビチビとせこい食べ方をさせていたけれど、さすがに底つきました...

フランスには何もない、、、というか日本はかゆいところに手が届き過ぎるなんでしょうが、
歯の生え始めが遅かったムスコは、月齢と歯のバランスが悪いというか、気持ちも身体も準備万端
なのに、それに歯が追いつかなくて食べられない、噛めない、、、。

なので、1歳過ぎても歯ナシのムスコをもった私には、日本の神経の行き届いたオヤツは
結構ありがたかった。
これなら、わざわざちぎったりしてやらなくても一人で食べてくれる
(とにかく食べる量が多いので、ちぎっても、ちぎっても、ちぎっても、ちぎっても、、、満たされず
けっこうな手間なのよー
薄味で甘さもひかえめ、野菜や小魚を使っていたり、一口でクチに放り込んだときのことを考えて
口溶けまで計算されていて、いやはや、お見事、さすが日本製

初めてまともに見た、日本の広~いベビーフードコーナーで、ウロウロ、モタモタ、、、
自分なりに選んでみたのがコチラ。



      ● ピジョン かぼちゃボーロ  




    ● ピジョン 小松菜・ほうれん草ビスケット 




    ● ピジョン 小魚せんべい




      ● こざかなとわかめのおやき




    ● 和光堂 かぼちゃクッキー




    ● 和光堂 やさいのチップスせん




      ● 和光堂 チーズクラッカー




いやはやお見事

フランスなんて、boudoirs(ブドワ)と呼ばれる、シャルロットケーキの周りをぐるーーっと囲んである
フィンガービスケットのようなモノと、一応握りやすいように細長くしたビスケットくらいしかない。
そんな程度のモノが、大型スーパーに3種類あったら誉めてあげなきゃ、ってところ

日本の繊細なおやつを存分に楽しませてもらったので、これからはつまらないけどシンプルに
パンでもかじらせておこう。

スポンサーサイト

×違う保育園で過ごした1週間

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

×新しいお皿

aliment41.jpg



もう3ヶ月も前のコトになるのだけど、ムスコのお皿を買い足してみた。
フランスのママ友から偶然知ったメーカーのもので、輸入天国ニッポンの、
おされなママさん達の間では、すっかり知られているらしいLa chaise longue

ここの黄色のシリーズのおサルさんの絵が、かなり私のツボでして。
仕切りのあるお皿も欲しいなぁ~と思っていたところ、コレに出会って一目ぼれ
お皿と、吸盤で固定できるボールをウキウキで購入

- 冷凍しておいたヒジキご飯
- これまた作り置きして冷凍してた揚げないかぼちゃコロッケ
- ビーツとジャガイモのサラダ
- ズッキーニの胡麻和え


、、、とまぁ、作り置きと電子レンジフル活用(ジャガイモもズッキーニもチンしただけ。
つまり、何ひとつまともに作ってない)だってのに、かわいいお皿に盛って写真を
撮っちゃうと、それなりに作ったように勘違いできるのがステキ

クチからヒジキをはみ出まくりながら懸命にがっつくムスコを見ていると、かなり脱力できます

×子供が小さいうちって?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。