×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×Pain au lait ミルクパン

aliment57.jpg


万年、腹をすかしている食欲旺盛のムスコのために、手間いらずでちゃちゃっと与えられ、
且つ安全、そしてお手ごろ価格、、、というワガママな希望をかなえてくれるモノを
無意識に探すクセがついたような気がする。

愛用のBIOの食パンシリーズより、Pain au laitミルクパンが出ているのを発見。
その上、たびたびお世話になっているカルフールBIOからも、発売されてるじゃーないのっ。

託児所のお昼ご飯を、毎回残さずしっかり食べて、おやつもしかり。
それでも、迎えに来た私の顔を見るなり、バッグをあさり始めるムスコ
ワタシ=食べ物、救援物資を運んでくれる大切なヒト、ってわけだな...。

日本的にはお行儀がヨロシクナイのですが、帰る道すがら食べさせるのに便利なんだわー。
しかも、引っ越し先のアパート近くのスーパーでも発見。
幼子抱える主婦としては、こういうポイントってすごーく大事よねっ 




スポンサーサイト

×貴重なミートソース

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

×La semaine du Gout

10月11日~17日は、フランスのLa semaine du Goût=味覚週間
1990年から始まったこのイベントは、今年で21回目。

フランスというとみんなグルメという印象があるかもしれないけど、共働きが一般的
ということもあって、家庭料理を全く知らず育つ人も多いし、そうじゃなくとも日常の
食生活はけっこう寂しいのが現実。
たとえ料理が苦手だろうと、嫌いだろうと、お母さんになったら最低限の努力を一度は
してみよう という日本人ママのような謙虚さは持ち合わせていないのがフランス女性。
良い意味でも悪い意味でも、我慢や努力などせず、自分スタイルを貫いて、家事や子育て
なんぞに犠牲をはらってたまるか、という基本姿勢も影響してるんだと思う。
せっかくこんな農業大国&食材が豊かな国だというのに、主要な野菜すらわからない子供も
たくさんいるそうで、日本でいう「食育」のような教育がないフランスでは、近年の問題として
取り上げられているも、このイベント開催のきっかけになっているらしい。

< La semaine du Goût=味覚週間の目的 >

1. 消費者、特に子供に対して食育を施す
2. 味覚や風味の多様性を提案
3. 食材のルーツに対する透明性と知識、それらの原産、生産方法や特性を伝達
4. 食に携わる仕事についている人から知識を習得
5. 味覚の喜びを知る
6. バランス良く、そして長続きするような食生活を推奨


アクティビティを積極的にやってくれる我が託児所でも、いくつかの「味のアトリエ」を
開催してくれた。
まずは、しょっぱい・酸っぱい・甘い・苦いを知る、ということで塩、レモン、砂糖、
ブラックチョコを順番に味見。
その他、チーズ農家からの差し入れしてくれた、数種のチーズの食べ比べをしたり、
果物のジュースを飲み比べたり、食べ物に関連するお話を聞いたり、絵を見たりと
なかなか豊か
ムスコも、私と一対一だったら「ノーン!」と首を横に振りそうなチーズの食べ比べだけど、
みんなと一緒にワイワイ全部味見したそう。

こういう団体ならではの行事があると、託児所って本当にいいなぁと思う。
そして、積極的にいろいろなプログラムを組んでくれるこの託児所に当たって、しみじみと
よかったな、と。 空きを確保するまでの、長くつら~い努力が報われました...


×こんなモノ見つけました、、、。

aliment60.jpg


我ながらすんごくくだらない、とわかっちゃいるんだけど、買ってしまった...。(^^;)
シンプソンのパスタ。

相方が、このDVDが大好きで(はい、いい年したおっさんです。)、ムスコも何度か
見たことがあってね、某スーパーの商品棚の前でこの袋を抱えてうっれしそうにしてた。
完全に親の影響ですな

「シンプソンだねぇ~」と、調理しながらくだらんコトに喜ぶ母親も、同じくいい年、、、。(^▽^;)
だけど、これはムスコ専用。もったいないもんねっ!

、、、ね? 浪費家のくせに変なところでセコイでしょ?私...

×ズルイ男

確か、離乳食が始まって少ししてからだったかな。
ちょっとワガママし過ぎたかな、という時に、私のおでこに自分のおでこをグリグリっと
こすりつけてくる。
まるで「ごめんねー。」って言ってるみたいに。
で、グリグリッとした後は、おりこうさんに食べ続けてくれて、私も機嫌を直す。
2人だけの仲直りの儀式というのかな。

成長するに連れて進化して、最近は怒った私の頬を優しくなでなで、首に両手を
からみつけて、ギューっと抱っこ、で、ホッペやクチにちゅっ
前髪をなでてくれたり、腕や背中をトントンしてくれたりもする。
私がぐったり疲れていたり、タメ息をついたりした時も同じようにしてくれる。

私が怒る度に、なでなでチュッチュッ。
最近は、本当に注意しなくちゃいけなくて叱った場合までこの始末
結局、「もぉ~、ホ~ントに、わかったのぉ~」と、つい甘ったるい声が出てしまう私は、
母親の威厳なんてゼロ...。(^^;)
典型的な一人息子で一人っ子、それに甘い母の図ですな。(苦笑)
こうやったらママの機嫌が直るって、しっかり読まれてるし。
余談だけど、チューをしてくれる時に、眼をがっつり見開いたまま真正面から
ガバッとくるのが笑える。

特にここ数ヶ月、とにかく忙しくて忙しくて、毎日イライライライラ。
そんなワケで、ここ数日、毎日何度もムスコに「マーモン?」と顔をのぞきこまれては、
なでなで、ギュッギュッ、チュッチュッチューーッ
2歳児にこんなに慰められるワタシ、いったいどんだけ目を三角にしてイライラしてる
のだと、情けなくなる。 とほほ...

このムスコの動作。
最初は「やっぱりフランス男の血が流れてるのかしらん。将来が怖いわー。」なんて実兄と
話してたんだけど、よーく考えると、私がムスコにしてるコトを真似してるのかも。
ムスコが転んで泣いた時、かんしゃくを起こした時、なんとなく不安そうにしている時、
プクプクのかわいいホッペをなでなでしては、「大丈夫、大丈夫♪」で、ギュッギュッ、
トントン、チュッチュッーって。

特に最近は、人まね小猿のお年頃全盛期。
悪いコトを真似された時には、ひやっとして、我が身の行動を反省。
でも、こんなに愛くるしい動作ならバンバン真似してちょうだいな♪
ムスコはママに優しいというけれど、本当にその通り。
で、ママもムスコには甘くなりがちだというのも、、、否定できません…。(苦笑)
もう、イチャイチャイチャイチャ、世界は2人のためにあるって感じ。

あと、私が疲れていたり元気がないと、こーんな芸!?で笑わせてくれようとする。



すみませんねぇ、、、わかりにくい親バカビデオで
これ、今年の夏に習得した「ハエ」のモノマネなんデス...。
ベストショットの写真を撮りたかったんだけど、もうこの年になると動いちゃってブレブレ。
昔、友達に「ブログにもっと子供の写真アップしなさいよー!楽しみにしてるんだからっ。」
とクレームを送りつけたコトがあったけど、それが簡単ではないコトよーくわかった...。(汗)

もとい、私が疲れていたりすると、この「ぶーん。」を突然目の前でやり出して、
一生懸命笑顔を取り戻そうとしてくれるいじらしいムスコなのよ。

いつまで、こんな風に、付き合い始めのバカップルみたいに、私のコトばっかり追いかけて
くれるんだろなぁ~。(^-^;)

×入院物語 こぼれ話

今回の入院で、衝撃的だったことが一つ。

最後に、相部屋になった18ヶ月の男の子。
看護婦さん(平成14年看護婦・看護士が看護師に名称統一。けど、私は「看護婦さん」
という呼び方がスキ。)に、深夜放った一言。

Dégage!(失せろ!)

看護婦さん、一瞬凍りついた。
私も固まった...。

が、すぐに体勢を取り戻した看護婦さん「そんな言葉遣い、認めませんよ!」と注意。 
、、、18ヶ月でンナ言葉使いこなすガキが、言うこと聞くワケないわな...。

それ以外にも、とにかくこの子は、すごかった!!!
自分のママがいない時、私をみては「マモン、マモン。」と、かまってくれ、とばかりに
手を伸ばしてくる。
気持ちはすごーーくわかるんだ。
でも、私はあなたのママンじゃないし、ムスコの面倒をみるためにここにいるんだから、
全部はやってあげられないよ、ごめんね、ボク。
と、優しく説明したら、このガキ、、、失礼。 この男の子、、、

ケッ!!!

大人がやるのと同じ動作で、ツバ吐いた。

我が目を疑いましたよ、ワタシは。
18ヶ月の子供が、そんな仕草を知ってるなんて思わないもん。
これくらいの子供が、面白がってプップッとツバを飛ばす子供のソレじゃなくて、
大人がやる本物の仕草。
気に入らない事があれば、私や看護婦さんに向かって、いまいましそうに ケッッッ!

が、「こぼれ話」はまだ続く、、、。


ほんの数分の間、その子に背を向けてムスコの世話をして、ふと振り返ると、、、

血まみれ

テープと包帯で固定されて手の甲に刺しっ放しになっている点滴用の針を、自分で
むしり取ってた...
看護婦さんが着替えさせてくれたばかりのパジャマも、シーツもおもちゃも血まみれ。
慌ててナースコール押しましたよ、私は...

忍耐強い看護婦さんも、さすがにげんなり。
だってさ、ここに行き着くまでもすごかったんだもん。
心電図やら、いろんな器械につなげられたチューブが、胸と足につけられてるんだけど、
テープで固定しようが、靴下を履かせようが、すぐにむしりとっちゃったりさ。
そうすると、アラームがピコピコなるのよー。
もう、数分おきにうるさいっつーの!!!

母親が来たと思ったら、「これあげるから寝るのよ!」と、グミキャンディーを子供の
クチに放り込み、食べ終わっても寝ないからと、しまいにゃ袋ごと渡して、柵つきベッドに
病院のおもちゃをガンガン放り込んでいなくなる。
が、気に入らないことがあれば「ケッ!」とツバ吐く、そんな18ヶ月児。
プラスチックのおもちゃをぶんぶん放り投げる。
ムスコのベットにもぶん投げてくる

ここは、新しく設備の整った大病院ではあるけれど公立。
そして、決していいエリアとは言えない場所。
もう、想像できるかと思いますが、某人種だらけ、黒装束に身を包んだ人もゴロゴロ。
決して、むやみやたらに人種差別をするつもりはないけれど、差別じゃなくて区別は
させてください。 やっぱり、お友達にはなれません...。
ちなみに、その男の子ももちろんそちらの人種。

そろそろムスコの学校のことも考え始める時期。
やっぱり、環境のいい託児所エリアの学校にするのは決定だな


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。