×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×お誕生日おめでとーーー!

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

×祝☆3歳

さて、またこの日がやって来ました。
3年前に、うんうん言いながらムスコを産んだこの日...。

同時に「嗚呼、本当の出産日は9月16日だったんだよなぁ、、、。」と
イヤでも思い出してしまう日。

もう、今更恥ずかしくもナンでもないので言ってしまいますが、、、。
ムスコは、17日の0時28分に生まれた。
そう、たった28分だけ日付を超えて出てきた。
ホントはね、とっくに出てきてるはずだったのよ。
が、途中で私が全くイキめなくなり、ずるずる遅れて日付が変わってしまったのデス。

なんで、突然イキめなくなったかというと、、、


別のモノ が出るのが怖かったからですっ!


出産経験のある女性ならおわかりでしょう。
だってさ、すでに陣痛が始まってから30時間近く経ってんのよ?
それまで、お通じの方はすこぶる快調だったもんだから、計算するととっくに
スッキリと終えている時間なワケ。
が、陣痛でスッキリしそこなってる。
ということは、バッチリ溜まっているはず...そう考え出したら気になって気になって。
無痛分娩って、我を忘れられないワケよ。


まぁ、そんなこんなでモジモジしてしまった結果、17日誕生となったので、
毎年、この日がやって来る度、分娩体勢でモンモンとしていたことまで
ついでに思い出してしまうのよねー。(--;)


もとい、そんな母の記憶と共に、ムスコ、元気に3歳になりました♪

パパが用意してくれたSÈVEのホールケーキ(グッジョブ )とシャンパン(Emmanuel
BROCHET Le Mont Benoît 1er Cru
 こっちもグッジョブ )で、こじんまり
3人だけでお祝いをした。


プレゼントは、忙しくて手配する時間がなく、ギリギリに慌ててネットで頼んだら
配送の手違いがあって間に合わなかった...。

で、数日後、やっと手に入れたと思っていたら、思ってた物と違ってた...。
あ、これは、フランス定番の間違いじゃなくて、私の思い違い...


ベルギーのお友達宅で見た、LEGOの飛行機のつもりでポチッしたら、えらい細かい
パーツの飛行機だったのよ。
こんなの、一瞬でパーツをなくしておしまいだよ...

忙しくしている間に返品期間なんて過ぎちゃったしさ...。
これを処分して、正しい、でかい飛行機を買いなおしたい、、、イヤ、その前に
おもちゃの正式名称を再確認してからにしよう...( ̄_ ̄)


×入学準備

フランスでは、公立の学校は、基本的に文房具も含めて支給されるよう。
せいぜい筆記用具くらいを揃えればいいらしい。(←合ってる?)

ウチが最終的に決めた学校は私立。
夏休みに入る前の6月には、給食の申し込み書やら規則やらが書かれた用紙と一緒に、
入学準備品リストが送られてきていた。

メーカーやページ数まできっちりと指定されていて、作らないといけないものは、
図解できっちりと寸法が書かれている。
ほほぅ~、フランスでもこういうの、あるのね。(笑)

近所のスーパーでは、指定のものが見当たらず、同じ学校に入学することになった
託児所のママ友と郊外の超大型スーパーまで足を延ばした。

自分用の備忘録として、ずらずらーっと↓。


● 入学準備リスト ●

・証明写真4枚
・全身写真1枚
・家族写真1枚

お着替え入れバッグ※布製指定
 名前をつけ、廊下のコートかけに置いておく事。(下着・靴下・ズボンかスカート・シャツ・
 ビニール袋を入れておく。)
Canson※メーカー指定の色紙セット(明るい色の方を指定)
120ページの※ページ数指定)クリアポケットファイル、表紙に透明なポケットが1つ
 ついているタイプのものを2冊

小さいサイズの本を1冊(学校図書推奨であるPère Castor/lutin poche de l'École des
 loisirs/Cajou/Alfred/Croque la vie/Étoile Filanteから選ぶこと。Tchoupi や
 Petit ours brunは不可。)
箱入りティッシュ2箱
お尻拭き1箱
プラスティック製持ち手なしのコップ1つ※名前は底面に書くこと。
太いフェルトペン1セット
ペーパータオル1ロール

小型サイズのバスタオルに端から20cmの位置に4箇所ゴムをつけたもの
 寸法は、必ず守ること。(※寸法が書かれた図あり。
小型サイズの上掛け一枚 (※寸法が書かれた図あり。


さて、お次は、お名前デス。
面倒なので、ワードで作って家にあったラベルにドンッと印刷。
どこまで貼るべきかわからないので、ええぃ、これだけやっときゃ文句はないだろ!とばかりに、
フェルトペンの1本1本にも貼りつけておいた。


この持ち物一式、まとめてみると結構なカサとなり、入学当日は、スーパーの大型
エコバッグに山積みで搬入してる人がほとんど。 
それをアシスタントの先生が、間違っていないか、名前はついているか、
一人一人確認しながら慣れた様子で仕分けしていく。
ふーん、フランス人だってやれば出来るんじゃん。という華麗なさばき方だった

結局、手作りものが間に合わなくて (どうせフランス人のこと、初日にここまで
用意しちゃいないだろ、と高をくくった私が甘かった。きっちり用意している人の方が圧倒的に
多かった...。)、一番きちんとしていそうな日本人である私が、入学後大慌てで作る始末。


お着替えバックは、材料を調達する時間がなかったので、家にあった生地で無理矢理作ったら
やっぱりなんだか垢抜けない。
まるで、私の子供時代。昭和の香りただよう仕上がりになってしまった...。(^▽^;)

bag.jpg



ホントはね、同じ作るのなら、Michael Millerというアメリカの生地屋のセンスのいい
車柄プリントで作りたかったのよ、、、。
まぁ、昭和の香りもヨシとしよう。

その代わりと言っちゃーナンだけど、アンパンマン好きなムスコのために、兄夫婦が
送ってくれたお名前ワッペンつけちゃったもんね♪


無事、持ち物準備、完全終了! ごくろう、ワタシ

×バイバイおむつ

フランスでは、3歳になる年の9月に学校(幼稚園)にはいる。
入学条件は、おむつがはずれているコト。
私立で例外の学校もあるけれど、基本的にこれが絶対条件。

いいタイミングで仕事が一段落してくれた、この夏最大の課題がコレだった。

今までも、同僚からもらったオマルでたまに試してはしていたけれど、粗相をした時の
後始末やおまるに導く労力などなど、分刻みの生活がベースだった私にはとても余裕がなく
夏休みにラストスパートで一気にはずすしか選択がなかったのだ。

にも関わらず、7月は長いこと手をつけられなかったモロモロの処理などに
息つく暇なく追いたてられ、その後は旅行に出てしまったので、結局、本格的に
練習をスタートできたのが8月15日


本音を言うと、個人的にはおむつなんてまだまだはずれなくていいと思ってる。
小さいんだし、人間だって動物なんだから、本人にとってベストなタイミングが来たら、
本能が勝手に導いてくれるさー、というのが私の意見。

、、、が、問題は、学校に入れてもらえないってコト。

託児所では、学校に入る子は水曜とバカンス以外ははずされた状態で、何ヶ月も前に
プログラムが組まれてしまう。
つまり、「やっぱりオムツはずれなくて、学校に入れませんでした~。」と後から
言ったところで、託児所の空きはもうないワケ...

これは困る、これだけは非常に困るのだ。

9月に入った途端、新しい仕事が始まるので、学校には入れないわ、託児所には
断られるわ、、、となると、もう完全にお手上げ。


さて、一応子の成長を記録するのがこのブログの主旨なので(ホント、一応だけど。笑)、
備忘録として残しておこうと思う。


* 15日(月) 一応おまるで出来た。が、パンツを履かせるとアウト。オムツの感覚で
          おもらしをしてしまう。

* 16日(火) 昨日と一緒。家では下はすっぽんぽん。そうすると自分からおまるに
          行くけどやっぱりパンツを履くとダメ。
          おもらしで、すごく不快に感じてくれたらわかってくれそうな気もするが、
          本人、そうでもなさそう。(苦笑)

* 17日(水) 昨日と同じく。

* 18日(木) 初めて成功。「ピピー、ピピー。」と言いながら、いそいそパンツと
          ズボンを脱いで用を足してくれた。

* その後、安定して成功するようになった。
  数回おもらしはしたけど、本人も失敗したとわかっていた様子。
  夜はもちろんつけてもらうが(←私のため。笑)、お昼寝の時は、念のためつけて
  いたけど、たいがい乾いたままなのではずしてしまった。
  外出は、おもらし前提で用意して出かけたけど、毎回失敗するわけでもなく。
  ただ、おまるだけは必須。トイレは、託児所にある子供用の小さいトイレはOK。
  家だと、子供用便座をつけても大きなトイレに上るのを嫌がる。

* 28日(日) パパにガッチリ押さえてもらって、言い聞かせてもらって、お手本を
          見せてもらって、とうとう大人用トイレ登頂成功♪

* 29日(月) 託児所再開。保育士さんにちゃんとお願いもできてバッチリ♪
      
* その後、1度だけ、託児所で長いお昼寝をしてしまった時にオネショ。
  後は、アクシデントもなく過ごしてくれている。
  そして、寝ている間にオマルを隠して、しらばっくれてみたら、自分から
  トイレへ。上に乗せてくれと、頼まれるままやってみたら無事成功!!!
 その後は、当たり前のように大人用のトイレで普通に出来るようになった。

* 9月4日(日) パパの都合がなんとかついて、念願だった3人で初プール。
           雨降り寸前の寒空だったけど、ムスコによその子達が当たり前に
           叶えているごく普通の家族の時間を、少しでも過ごさせてあげたくて
           半ば無理矢理決行。
           夏の終わりにやっと巡ってきたこの機会、逃してなるものかと、わずかな
           時間、パチャパチャっと出来れば充分、というつもりで出かけた。
          
           途中でどうしてもおしっこがしたくなってしまったムスコ。
           パパと一緒にトイレに連れて行かれても、怖くて出来ない。
           ウロウロ、もぞもぞ、とうとうプールサイドで出てしまった。
           慌てて海水パンツを脱がせたら、小便小僧のように輪を描いて
           見事にシーーーッと出た。
           プールサイドでこんなことになってしまい、モウシワケナイ...
           その後の大雨が洗い流してくれていることでしょう。(^^;)

* 9月5日(月) 学校初日。
           帰りに公園で遊ばせていると、おしっこをしたいと言う。
           木が生えている所に「あっち、あっち。」と私を連れて行こうとする。
           失敗したらしたでいいや、と試しにパンツをおろしたら、立ちション成功。
           昨日のプールサイドでのアクシデントがいいきっかけになった様子。
           これで公園遊びも、外出も怖いモノなし


結局ね、ドギマギと覚悟していたのと裏腹に、あっさり終わってしまった。
でかくて邪魔なオムツを買いに行かなくていい生活って、なんて楽なんでしょう♪

オムツをつけた大きなお尻もかわいいけれど、ちっちゃいパンツを履いたお尻もかわいい

×入学当日 写真館

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

×入学当日

9月5日(月)幼稚園に入園ですっっっ!!!

日本のような厳かな「入園式」が存在しないので、なんとなく締りがないけれど、
とにかく今日から正式に幼稚園生になるのデス。

事前に郵送されたプリントの指示に従って、ムスコとお手々つないで学校へ。
面接で会った校長先生が、プリント片手にウロウロしている新米父兄たちを
案内してくれていた。

案内に従って教室に入ると、担任の先生、アシスタントの先生が、慣れない場所で
モタモタしている父兄相手に自己紹介をしながら、指示や説明をしてくれる。
合い間にアシスタントの先生が、父兄が持ってきた大量の学用品類をテキパキと
預かっていく。

託児所で鍛えられてきたムスコではあるけれど、さすがに怖気づいて私の手を
離そうとしない。あっちゃこっちゃで半べそかいたチビ達が、グズグズ言うなか、
先生は手馴れた感じでどんどん子供達を引き取っていく。
親達も、少々後ろ髪を引かれながらも次々教室から出て行った。

ガンバレー、ムスコーーー!!!

もうね、担任の先生のテキパキした動きに圧倒されてしまった。
すでに結構な重さになっていて、力もかなりついている子供達を次々と抱きかかえたり、
言い聞かせたりして、ちゃんと言うことを聞かせてるんだから。
すごいね、幼稚園の先生って。


この日は、9時から11時のみで、オリエンテーションというか慣らしという感じで終了。
子供を送った後は、持ち物の不足分(手作り部門)を大慌てで作って、すぐにお迎え。

半べそかいて、最終的には先生に抱っこされたムスコは(笑)、どうなったことやら???

教室の隣にあるプレイルームで、子供達は体育座りで親達を待機。
名前を呼ばれたら一人ずつ順番に親のところに行く流れ。

すごーーー!!! こーんなこと出来るのね。
わきゃわきゃ大騒ぎして動物園のようになることなく、みんな先生の言うこと聞いてんのっ!!!
びっくりしましたよ、ワタクシは。
どうやったら、こんなに静かに言うことを聞かせられるのでしょーか...


担任の先生、アシスタントの先生、事務局の人、外国人の私が投げかける初歩的な質問・疑問に
丁寧に答えてくれる。 外国人故に、素っ頓狂なことを言っているであろう時にも、変な顔
一つせず、親切に教えてくれる。

運のいいことに、同じ託児所出身の子も数人いるし、知り合いの子もいる。
これからの学校生活が楽しみな、大満足な初日となりました♪ (^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。