×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×ウチの嫁です

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

×恋するオトコ

かれこれ1年くらい前だったろうか。
ムスコに『想い人』ができたのは。

託児所の赤ちゃんクラスの時にお世話になったコラリー(Coralie)
まだまだ、ロクに発音が出来ない程小さかった頃、一番最初に言ったのが彼女の名前。

Rの発音が難しくて、「かーぃー」になってたけど、間違いなく彼女のことを
言いたいんだってわかった。

朝の見送りでCoralieがいた時には、もぅ全身でうれしそうだったし。(苦笑)
たまに、ちょっぴり手間取ることがあった朝のお別れタイム。
だけど、彼女が早番の時は問題ナシ!
ムスコ自ら駆け寄って「か~ぃ~ か~ぃ~」だったもんね。(^▽^;)

夜でもバカンス中でも、家で、道端で、公園でCoralieを探し続ける健気なオトコ。
いや~、恋だねぇ~

そんな彼女、園内での父兄の評判はピカイチ。
真面目で、感じが良くて、ニコニコ明るくて、清潔感があって、しゃべる時に
コロコロと変わる表情がとってもチャーミング
耳に心地よい音程で、鈴の音を転がすように話すのもステキ。(^^)

フランス女性に結構ありがちな、シュレックのように縦にも横にも邪魔にデカイ、
それに比例して態度もでかけりゃ、根拠ナシに自信過剰、、、。
なんてやからとはかけ離れ、小柄で健康的な体型もマル

、、、って、女子の外見をあれこれ言うなんて、おっさんみたいだな...。(--;)

この間も、女友達相手に「い~い匂いするねぇ~」なんて、鼻先フガフガ
近づけてついつい匂いかいじゃってさ。 わたしゃ、セクハラ課長かっ!( ̄▽ ̄;)
   ※余談だけど、彼女のつけてた香水、30代、40代の男子にダントツ人気らしい。
     「モテ香水」なんて言われてるんだって。
     、、、かたじけない。引っかかったのが30代、40代のイケメン男子じゃあなくて、
     おっさんのようなアラフォーのおばさんだった事。 この場を借りて謝っとく。




さて、こーんな調子で、愛をアピールし続けて、発音もめきめき上達。
「か~ぃ~」から、「こぁい~」となり、今はほぼCoralieとまで言えるようになった。

学校に通い始めた今、会えるのは水曜日とバカンス中のみ。
しかも、担当替えで、ただいまCoralieはチビちゃんクラス担当。
つまり、一緒に過ごす事は出来ないワケで。

なので、託児所に行ったら、Coralieに会わずにはいられないムスコのため、
朝はチビちゃんクラスに寄ってからのお見送りデス。

Coralieに、自慢の車を披露し、ギュッと抱きしめて、ほっぺにチュー。
それから、彼女の笑顔に見送られ、意気揚々と自分のクラスに向かうワケ。

有難いことに、彼女、毎回これに付き合ってくださる。
「特定な異性を意識するのは、ステキなことよね!私も好きになってもらえて
すっごくうれしいし♪」こんな風に言ってくれて、毎回きちんと向き合ってくれる。


ムスコの恋は、園長先生や保育士さん達にも周知の通り。
み~んなが微笑ましく見守ってくれてマス。(^^)♪

ムスコ~、こんな女性を彼女や奥さんにしておくれ~!!!
Coralieみたいなヒトなら、母さん大賛成  応援しちゃう♪

大きくなるまで、好きなタイプが変わりませんよーに。(-人-)

×言いまつがい

ここ最近のムスコは、聞いた言葉をそのまま繰り返すことがすごく多くなった。
が、あまりにも「言いまつがい」が多くてね、それがなんとも愛くるしいのだ♪

あぁ、こんなこと言ってたよな、かわいかったよな、、、と思春期で、ロクに
クチをきいてくれなくなった日に、これを読み返して自分を励ましてあげるんだ。


母「あ、今日は、お野菜買わなくちゃね。」
息「ん、さやい、ね!」

母「ムスコちゃんのお手々あったか~い!」
息「あっかたいよ~!」


その他、「ダメ」と言う時に「パメ」となってしまう。

「ママァ~! もぅ~、パメよ~、パメパメッ!」

この台詞が、ちっちゃなちっちゃな、まるでお花のつぼみのようにかわいらしい、
品のあるお口から発せられるもんだから(えぇ、すみませんねぇ、バカ親で。あは。)、
だらしなーく鼻の下を伸ばしながら、「えぇ~、パメなのぉ~」なんて、つい
甘ったるい声で答えてしまう...。(^▽^;)

ネコは 「 メコ 」 と発音され、どこで覚えたのか私をネコに見立てては
「おぃで~、メコ~、みゃあみゃあみゃあ~。」と両手を広げて待っている。
知らんぷりしていると「メコ~メコメコ~、おっで~~、みゃあみゃあ~。」
と、根気良く私を呼ぶんだな


そして、「お仕事」は「おっごと」となり、「ママァー、おっごとー、ね!」と
言ってくれるのがかわいいし、「お魚」は「おっかなー」となるのもかわいい

ボキャブラリーが増えてきたために、たまに混乱するのか形容詞を間違えて、
明らかに「寒い」と言うべきシチュエーションで、「おもーーい!」と力一杯
言ってたりするのも、あな愛し

そして、私たちの間でだけ有効な言葉なるものがある。
朝やおやつに小さなマドレーヌを食べさせることがあるんだけど、ムスコはこれを
「カバ」と言う。なぜだか知らないけど、いつの頃からか、これは絶対的に「カバ」なのだ。

ということで、私たちの間では、

息「ママァ~、おかし~。」
母「お菓子はないけど、カバならあるよ。」
息「ん、カバ、ちょーだいっ。」

こーんな感じで使われる。

いつか、「本当は、これはカバじゃなくて、マドレーヌと言うのだよ。」と
真実を告げなければならない日がくるであろうが、こういう小さい頃の言葉
っていうのがあってもいいよなー、って思うので今はそのままにしてる。

なので、ママ友のみなさん、ムスコに「カバちょうだいっ。」と要求されたら、
どうぞ、そっとマドレーヌ(キャトルキャールでもミニマフィンでもOK。)を
差し出してやってくださいな。


×デュオ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。