×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×ちょっと遠くでピクニック

小春日和の3月の某週末。
お隣の地方に住む、かれこれ10年近くのお付き合いとなる友達のところへ。

長距離ドライブに不慣れなムスコが、後ろのシートで時折モドシソウに
なる姿にヒヤヒヤ…。
一人で長時間を運転するのは苦にならないタイプだけど、
子連れドライブには、アシスタントがいると便利だろうなー。

このお友達とは、私が渡仏した数日後からの長く深~いお付き合い。
少し前、仕事の都合で私の住む町に来たついでに、ウチに寄って
もらったばかりなのに、波長の合うアラフォー女が顔を合わせれば
それはそれは話なんて尽きないモンですな。(^^ ;)
その上、お互い、人生の最重要項目が『飲食』とくれば、持ち寄った
ワインの話から、仕事、子供、掘り出し物の食べ物のコト、共通の
旧い友人のおめでたい話題、、、次から次に華が咲く♪

すでに何度も泊まったことのある彼女宅に、この日はお泊り。
そして翌日は、去年の夏、例の『悪夢の飲み会』(^▽^;)を乗り切った同志、
別の子連れ友達も合流してピクニック。


sakura.jpg



ピクニックが出来るベンチスペース、ちょっとした動物のいるファーム、
公園、簡単な迷路、など、こじんまりした作りでありながら、盛りだくさんで
子供達を監視しながら遊ばせるのに最適なスポット。

うまい具合に年齢がばらけた子供達4人。
唯一いた女の子は、とっても女の子らしいタイプで、粗野な
オトコ達に泣かされること数回。(苦笑)

女の子って、小さい頃は、往々にして頭の中が「ピンク」と「お姫様」で
構成されてたりする。(もちろん、例外もいますが。) 
その子のママが「もう~、女の子過ぎ...。」って、ゲンナリしてた気持ちも
よーくわかる。 男の子のママだと、そういうゲンナリはないわなー。
それでも、女の子らしさがあるって素敵なコトだよね。
古典的な言い方だけど、男の子らしさ、女の子らしさを持ち合わせてるのって
ごく自然なことだと思うから。

今は、ピンクでお姫で、妄想の中で生きていても(笑)、いずれ、
んな世の中甘かぁないって、現実をつきつけられるから大丈夫さぁ~。
特に、兄弟にオトコがいるとね。
絶対に、姉妹のようには美しくまとまらない。(笑)

ママにもらったお菓子を、荒くれモノの男子達に、嫌な顔一つせず
分けてあげたり、泣かされても怒ってもすぐに気分を切り替えて笑顔に
戻ったこの女の子、優しくて素直な子だなぁ~、と、なんだかほっこりした。
泣いたり、怒ったり、笑ったり、少し忙しいのは、子供らしく女の子らしく
真っ直ぐに育ってる証拠なんだろうね。

この日は、年齢も性格もてんでバラバラの子供達のからむ様子を
眺めているのが何よりも楽しかった。
やんちゃだろうと、少々乱暴だろうと、癇癪を起こそうと、まっすぐ
健全な子供を見ていると、心からほっとする。
せっかくのピカピカした心を親につぶされ、ねじれてしまった
可愛そうな子供がいるって事を知ってから、子供らしく正直に感情を
出せることが、どれだけ素晴らしいかを実感してしまう。

さて、1人いた関西出身の男の子。
子供の関西弁って、ごくフツーのことを言っても、いちいち面白く
感じるんだな。
絶妙な間、ボケ、つっこみ、ここでこれ言っとかな、みたいな
条件反射は、こりゃDNAって言っていいでしょーね。

ここフランスで、「あんな~、・・・やで~。」と、4歳児に素で
話しかけられたコト、なんだか感動したぞ、おばちゃん。(^^)♪

スポンサーサイト

×車がない...

今日は、朝っぱらから事件勃発。

あまりのハードな毎日に、撃沈していたこの週末。
特に、土曜は、外での用事と買い物をこなす貴重な日だってのに、
起き上がれないくらい過労!?困憊。 
結局、2日間 ( ̄_ ̄)←こーんな顔でヌボーッと過ごして、
日曜日になんとかかき集めた材料で(買い物いけなかったから
何品かまとめて料理+掃除機かけ、という最小限の家事で終了。

さて、学校休みも終了し、新しい週を迎えた今朝のこと。
ムスコを連れて、いつものように車を取りに行くと、、、


ないっっっ。( ̄□ ̄ ;)


、、、やられた、、、。
とうとう レッカー されちまった、、、。(T▽T)


なんで、真っ先にレッカーを思ったかというと、心当たりがあるからデス !!!

難関を極める自宅近辺の駐車事情。
土曜の朝に、適切な場所に動かそうと、とりあえず駐車して、閉園ギリギリに
託児所(バカンス中だから託児所なのデス。)にかけこんだのが金曜の夜。
が、そんなことすっからかんに忘れ、疲れ果てて撃沈してたもんで、
慌しい月曜の朝になってから、いきなり現実をつきつけられたっていう。

罰金 のことで頭がいっぱいの中、とにもかくにも、子供を学校へ、と
朝の託児室へ送り届けてから一旦帰宅。
まだ起動していない脳みそを無理矢理叩き起こして、上司と同僚へメールで
連絡 → ネットで処理方法調べる → 警察へ電話 → 警察の指示に従い、
レッカー後の車両置き場へ電話。

が、該当ナンバー出てこない。(ーー ;)

「こりゃ、単なる盗難だね。警察で盗難申請だわ。」 受話器から聞こえる
車両置き場のお兄ちゃんのセリフ、やけに遠ーく感じる…。

今回ばかりは、いつものみたいに「これだからフランスはっ!」なんて
毒づくことも出来やしない。 だって、本当に私が悪いんだもんね。

結局、怪しい車両はとくに出ていない、という警察の声を受け、はてと、
もう一度じっくりと考え直してみることにした。
会社を出て、息子を託児所に迎えに行って、、、その日の自分の行動を
もう一回、よーくよーく追ってみた。

毎日変わる駐車場所、止めた時に一度確認するようにはしてる。
でも、金曜は、確かにあそこに置いて、チケット出して、車に置いて、、、。


あ、、、( ̄_ ̄)


止ーめーたーのーーー
    あーそーこーじゃーなーいーーーっ!!!


チケット出したマシーンーーー
    あれじゃなかったーーー っっっ!!!



、、、はい、ありました。
切符も切られず、警告用紙もはさまれておらず。

会社では、えぇ、もちろん皆さんに笑っていただきました。わはは。
やーね、私ったら、本当に疲れてたのね。( ̄▽ ̄ ;)

今回のコレ、日頃の駐車に対しての戒めだと思うことにしよう。
今日からは、翌日ぶっ倒れる可能性も視野にいれて駐車しようと思いマス。

×言葉のスイッチ

かれこれ3ヶ月くらい前だったかな?
ムスコが、フランス人にはフランス語、日本人には日本語で、
話しかけてるのに初めて気がついたのは。

「ねーねー、なーにー、これーー?」
「セー コァーサー???」

こんな単純なフレーズではあるけれど、ちゃちゃっと自然に
言語を変えて話してた。

おぉ!やるじゃん。

こんな調子で、パパにはフランス語、ママには日本語で
同じ内容をくり返す。

「あ、ママー、おっかなー(お魚)、ね。」
「パパー! セ ポァッション。」

よくできまちた♪
(ちなみに、これ、晩ご飯のこと。魚は、ムスコの大好物。)

そして、面白いのが、ジェスチャーや特に意味のないちょっとした表現も
言語に合わせて変わるってとこ。

日本語を話す時には、「えーっとー。」「ねーねー。」「だぁってぇ~。」「~ね。」
「~よぉ。」「~なぁ。」「~かなぁ?」をよく使うし、「ごめんなさい。」で頭を下げ、
「いただきます。」では手を合わせる。

フランス語になると途端に「ばー、うぃー!(=Beh oui)」を連発し、肩をすくめて
みせる姿はまさにフランス人。(笑)
あったものがなくなった時、 il n’y a plus! と両手を広げる様も、こりゃ、
日本人じゃーないね。

『日本語』『フランス語』の違いをどこまで認識しているかは全く
わからないけど、私に対してフランス語で言った時、「ママには
日本語で言って~。よくわからないから。」「ママ、日本語で言って
くれたらすごくうれしいなー。」なんて言うと、同じ言葉を日本語で
言い直してくれる。

ボキャが足りなくて、日仏が混ざっちゃうこともあるけど、ま、少しずつ、ね♪


×ムスコ、母から巣立ち始める!?

最近の大きな変化...。


ムスコが、おクチに、チュー をしてくれなくなった...。(T▽T)


ホッペやおでこ、鼻の上、身体のあちこちには相変わらずしてくれる。
「ママ、だいすきー。」と、ピトーッて張り付いてきてもくれる。
私が、どこかにぶつければ、すっ飛んできてナデナデしてくれるし、
咳やくしゃみをすれば「だいじょぶ~?」とお水を持ってきてくれる。

でもね、1年遅れで魔の2歳児がやってきたのか!? 一丁前に
言い返してくるようにもなってきた。
「ちょっと見たぁ~い。」「ちょっと食べたぁ~い。」って感じに、
「ちょっと」を使って交渉してくるようにもなった。

「アンパンマン、ちょっと、ちょっとよぉ~。」だって。(^^)


ウチは、明らかにのんびりしているタイプだから、子供っぽい時期を
存分に楽しませてもらってると思う。
そういう意味では、かなり得をさせてもらってる。
、、、けど、いい加減、覚悟を決めなきゃいけないね。

ムスコは3歳半。
これから、もっともっと母親から離れていくんだ。
そうじゃなきゃダメなのだ。

おクチにチューをしてくれなくなっただけで、こんなに
寂しがってちゃいかんね。

そう、頭ではわかってるんだけど、、、今でこそ子育てがガクーーーッと
楽になったけど、一人で生活の全てに折り合いをつけてムスコを必死で
育ててきたという自負がある私にとって、迷いながら考えながら無我夢中で
駆け抜けてきた約3年間。
一生に一度になるかもしれない子育てを、あくまでも私なりにではあるけれど
ベストを尽くした達成感がある。
今、ムスコが私に真っ直ぐに向かってくれていると感じられるのも、
そういう母親としての時間を持てたからなのかもしれない。

とりあえず、その時、やれるだけのことはやった。
それでも至らなかった部分は、しゃーない、と開き直れる。(笑)

のんびりぼんやりしていたり、「この子、少しアホかもしれない...。」
なんて思うこともあるけれど(^▽^;)、少なくともその年齢の子供らしく
素直に真っ直ぐ、とても無邪気には育ってくれてるとは思う。


なのに、あっという間に、こんな風に手を離れてしまうんだ、って
心にぽっかりと穴があくような空虚感、っていうのかな。

でも、こうやって母親も子供から離れていけるよう、少しずつ
準備をしていくんだろうね。

ムスコの、おクチにチューがなくなったのは、心から寂しくて、せつないけど
成長の証として受け止めなくちゃいかんね。

がんばれ、母 



×悲しいお母さんの話

かなり衝撃的だったこの話。

子供との関係が全く築けないというお母さんいて、、、。
もともと家事がすごく苦手な人で、子供が出来たからと言って努力をする
ことはなかったそう。
食事は作らず、一日の内で一番大変な朝と夜の世話も100%旦那さん任せ。
当然、男性のやり方なのでいろいろ至らず、結局、子供は極度の偏食で、
しつけも生活習慣もあったもんじゃないという程ヒドイ。
文句も言わず、一生懸命やってくれた旦那さんに感謝をするどころか、家事も
育児も放棄した自分のことは棚にあげ、、、

続きを読む

×春ですね

いろいろと状況に変化があり、この2ヶ月は、その『変化』に生活標準を
合わせるべく、モロモロの対応に追われ多忙を極める日々。
状況の変化というのは仕事の事で、長いこと妥協して折り合いをつけてきた
仕事から、希望していた本来の職種にとうとう戻れたという。
いや、戻れたどころか、かなりの前進

というワケで、今まで長距離バスで通勤していたところが(これはこれで
時間を有効に使えて、結構気に入ってたケド。)、勤務時間の関係で
また車を持つことになった。
、、、というか、また、車を持てる身分となった、という方が正しいな。

それにしても、この町の渋滞状況ったら、ホントひどいわね...。
無計画に一気に開発しちゃった過去のツケは大きい。
しかも、私の場合、町のド真ん中に住み、町のド真ん中の学校に子供を
送り届け、思いっきり町を突っ切って通勤。
お陰サマで、朝、学校近くでの駐車するの、なんだか 無理矢理感
どんどんフランス人化してきた。ハハ...( ̄▽ ̄)

日常生活は、相変わらず時間に追い立てられて多事多忙。
特に、朝は戦争ですな。(笑)
10分出発が遅れると、あちこちで納品作業が始まり、一時停車はもとより、
町を脱出するのに数倍時間がかかり、10分が30分に膨らんでしまう。
ムスコをけしかけ、結構な量の荷物+ムスコを小脇に抱え、螺旋階段を一気に
駆け下り、車をかっ飛ばして、学校前の縁石に乗り上げて、無理矢理車を止める
様は、母は強し、、、いやいや、おばちゃん、ずうずうし、、、か!?(笑)

せめて、学校の託児室が、朝7時にオープンしてくれると、郊外へ抜ける
渋滞も少ない時間帯に当たるんだけど、、、。
なんて、身勝手な希望をほざいてみる。


もとい、、、
車がなかった空白の数年の間に、いろいろ変わったのね。

まず、以前は車を購入したらCarte de grise=自動車登録証の手続きをして、
すぐにナンバーの交換をしなくちゃいけなかったのがそのままでよくなった。

ガソリンでは、E10っていうのがお目見え。
エタノールが10%入っているため価格が抑えられる。(2009年4月1日より販売開始。)
それにしても、ガソリンの値段、ほんっとに上がったね。
車を持っていなかったから、世間で騒がれているのは知ってても、リッター当たりの
値段には無頓着だったもんね。 だってさ、自分に関係ないもーん。
当時、確か、Euro95で1,20ユーロ台だったのが、今じゃ、1,70ユーロ近く...
満タンが約60Lとすると、、、ヒ~~ !!! オソロシ…。

これからは、ちょくちょくここでチェックだな。
http://www.prix-carburants.economie.gouv.fr/index.php


さて、排気ガスを撒き散らしてしまうのには気が引けるが、この文明の利器の
お陰で、いろいろと生活向上。
5時半過ぎ起床、朝イチで学校の託児室に放りこみ、お迎えをお願いしていた
お宅に子供をピックアップに行き、帰宅が19時過ぎというスケジュールだった
のが、1日1時間以上短縮できるようになった。
これなら、第三者にお願いしなくても、学校の朝・晩の託児にお世話に
なるだけで事が足りる。
こーれは、めちゃくちゃ大きいぞっ!!!

フレックスタイムなので、朝もっと早くから働き始めて、その分早く帰る、
というのが理想的だけど、私の場合、託児室が開く時間に合わせるしか
ないので、今の時間配分で限界だな。
それでも、渋滞でお迎えに間に合わなかったことが、すでに数回


この生活が整うまでは、怒涛の日々でかなりハードではあったけど、ふと
我に返ると今の身の上があまりにも有難くて、突然ジーンとしてしまうことがある。


チーム内で、仕事のグチをこぼすのも楽し。
同僚とワイワイくだらない話で盛り上がるのも楽し。
そして、仕事自体がこれまた楽し。(^^)♪

仕事が充実しているから、私生活が楽しい。


日々、まさに濃縮絞りの充実感。(^^)
今、毎日、全てがサイコーに楽しいんだわ

その時、その時、自分なりにやるべき事をやってきたと思えるから、
今の状況を真っ直ぐ受け止められるのかもしれない。
人と比べてどーこーではなくてね、自分のやってきた事、それによって出された
結果に納得できる、っていう極シンプルなコト。
逃げず、依存せず、それなりに乗り越えてきたこともあるから、素直に
現状を有り難く思える。
なーんてことを、同じコトを感じている留学生時代からの"同志達"と話す。

春にピッタシのこの気分、なかなかいいモンですな♪(^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。