×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×バイバイ託児所

とうとうこの時が来てしまった、、、。
9月に4歳を迎え、9月いっぱいで託児所に在籍する権利が
完全になくなる。
最後は、定員オーバーだからと、水曜と学校休みの託児を断られ、
それでも前日までゴリ押しして面倒を見てもらっていた
けれど、それも本当におしまい。

物理的にも精神的にも、本当にお世話になったこの園。
時間に追い立てられ、立ってるのもやっとなほど
疲弊しきってる毎日を、同志のようなママ友達と
励ましあって一緒に乗り切ってきた。

まだ歩きもしない赤ん坊の頃から、子供達の成長を見て
きたからか、託児所の子供達はお互い特別な存在。
子供達にとっても、託児所の友達はやっぱり別格らしく、
学校生活も2年目を迎えたムスコも一緒に遊びたい、
というのは託児所のお友達が圧倒的に多い。

最終日前日は、仕事の合い間にチョコレート屋さんに電話をして、
保育士さん達に渡すチョコレートボックスを作ってもらった。
この日の夜は、珍しく仕事の会食があって、子供を預ける
手配をするだけで手一杯だったので、手作りお菓子は早々に
あきらめ、子供達にはショピングバッグが一杯になるくらい
BONNE MAMANのパウンドケーキ、MIKADO(ポッキー)にりんごジュースを
週末と前日に分けて用意した。

続きを読む
スポンサーサイト

×4歳おめでとう

新学期が始まりバタバタしている間に、ムスコは4歳を迎えた。
本人も、年齢の大きい、小さいについてだいぶ理解できるように
なって、お友達の名前を挙げては「○○くん、○歳、大きいねぇ。」
という具合に、お友達の年齢を気にかけるようになった。
自分の年齢も意識するようになり「ボク、今、こうよ。」と、指を
3本出し、「あと、こうよ。」と、次は4本出し、誕生日がくると
どうなるのかわかっている様子。

そして、「パパ、なんさい?」「ママ、なんさい?」と聞いてくるようにもなった。
ムスコの知っている一番大きな数字は「10」。
よって、「パパ、すっごい大きいね~。じゅう、じゅっさいね?」と、なる。
ただし、ママはちっちゃくて、だから3歳なのだそう。(笑)
わははっ、若返ったぞ。( ̄▽ ̄)♪

フランスでは、学校でも託児所でも、誕生日にはケーキを持参して
クラスでお祝いをしてもらうことが多い。(衛生上の問題で、手作りは
不可という託児所・学校もある。)

去年は、学校初年度で、初めてのお友達ばかりだし、どうせ託児所で
お祝いしてもらうしぃ~、と、忙しくて手が回らないのもあってサボってしまった。
ところが、同じ9月生まれのお友達は、ちゃーんとケーキを持ってきていて、
「生活ノート」に、お誕生会の写真が貼られてた。
あぁ、ごめんねムスコ。不精な母をもったことを許しておくれ。

今年は、誕生日が月曜日なので、前日の日曜日に用意ができる。
日曜日は毎週、午後いっぱいキッチンに張りつけで平日分のストックや
冷凍保存分の調理に当てているのだが、合い間にニンジンケーキ2本、
バナナケーキ1本を作っておいた。(クラスが31人なので、最低2つ
用意するよう事前に言われている。)

当日は、みんなが歌を歌ってくれたこと、ビズをしてくれたこと、
ケーキを食べたことを報告してくれた。
あぁ、これで肩の荷がおりた。

これプラスお友達を招待してお祝いする程の余裕はさすがにないので、
あとはお家でこじんまりお祝いだな。

日本語もフランス語もぐんぐん伸びて、日仏の使い分けもきっちり。
率先してお手伝いもしてくれるので、毎日本当に助かってるし、
相変わらず好き嫌いせず何でもよく食べる。
ぼんやりソフトな性格も今のところ変わらず。

「ボク、ママだーいすき。ずっとずーーっとだいすきよ。」
「ママ~、ちゅ~しよ~よぉ~。」
「ママ、かわいー。見てていい?」
なーんて、フランスの伊達オトコみたいなことも言う。
まさに、文字通りすくすく育ってくれている。

子供の成長が心から楽しみだけど、その半面、かわいく無邪気な
今のまま、大きくならずにいて欲しいな~、なんて妄想もしてしまう。
うれしくもあり、寂しくもある、子供の誕生日は複雑ですな。(^▽^ ;)

×ビフォーアフター

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

×4歳直前、初ヘアーカット

本人の性格に合わせてか、亀の歩みでしか生えてこなかった髪の毛。
カットもシャンプーも乾かすのも、4年近くしっかり楽させてもらいました

少しずつ頼りなーく生えそろった髪は、今のところ多少クセっ毛で
くるくるふわふわ、まるでベートヴェンのようになってきたので、
4歳直前、新学期が始まる前に「断髪」してきた。

4年近くためにためてきたので、神聖なる初ヘアーカットは、かねてより
決めていた子供美容院。
たかだか子供のヘアーカットに、ばかばかしい出費とも思えるが、なにせ
4年間手間もお金も倹約できたワケで。
せめて初回くらい、どどんっと大盤振る舞いしてもいいだろう、と。

IMG_0191.jpg



あぁ、とうとう新生児の頃の髪を切っちゃうのね、、、ほわほわくるくるの
あの髪型、ムスコのキャラにもぴったりですっごく好きだったなぁ、、、と、
少々おセンチな気持ちに浸る母のことなぞ完全にムシされ、ムスコ、泣くは
わめくはの大暴走...

記念にカットした髪を拾ってくる余裕もなく、逃げるようにお店を後にした。
夢にまでみた念願の初ヘアカット、これにて終了。( ̄▽ ̄;)

×新学期スタート

この2ヶ月、みっちりと「具」の詰まった毎日を送っている。
「具」の中身は、主に、子供の身の振り方について。
この9月で4歳を向かえるムスコは、とうとう託児所に通えなくなる。
一応、9月一杯は、在籍の権利があるのだが、相変わらずベビーブームが
続いているのか、いわゆるpériscolaire組(学校のない水曜とバカンスのみ
要託児)は、継続を断られてる。
すでに学校には入ってるけど、誕生日が遅めの9~12月
生まれの子供達が、この不利な条件の対象者。

よって、日本でいう「学童」的な施設に登録したり、シッターを
雇ったりなどして対応をしなくてはいけない。
この「学童」的な施設、託児所同様、空きがないのが最大の問題。
住居近くの「学童」、町のド真ん中の人口密集地区だというのに
用意してある席数は、4~9歳まででたった48席。

登録日となっていた金曜の夜遅くまで並び、翌日土曜は朝6時から
1日中並び、それでも席を確保できた話なぞ聞こえてこない。
私も周囲も、「待ち人リスト」に並べられただけで壊滅的。

そうこうしているうちに、9月の1週目より学校が始まった。
とはいえ、火曜の午前中に1時間半、お次は金曜。
その上、朝と夕方の託児はナシ・・・。(ーー;)
という、うちの学校のお母さん達のごく一部である「セレブニート」に
標準を 合わせたとしか思えないずるずるなプログラム。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。