×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×有給の使い道、、、。

今年に入って、私が取得した休暇。

5月の祝日近辺、8月の後半、そして、11月の祝日の後。
休暇申請をした理由は、単に「子供の預け先がないから」。
そもそも、フランスの学校は、異常なまでに休みが多い。
それに合わせて、託児所や学童保育まで閉められてしまう日が結構あり、
そうなると働くお母さんとしてはお手上げ。

もはや、私の休暇だけでまかなえるレベルではなく、合計して
2週間以上を有り難いママ友のお世話になった。
本当に、つくづく「働くお母さん」に不利な国だと思う。

続きを読む
スポンサーサイト

×いじめられっ子!?

今まで何度も書いてきたように、うちのは「やんちゃ坊主」ではない。
スーパーの床を転げ回るとか、激しく反抗されるとか、そのテのことは
一度もやられたことがない。
というか、世間でいわれる「魔の2歳児」や「イヤイヤ期」も、特に
手こずらされた記憶もなく終わってしまった。
その代わり、レジ前で「今、ママとチューをしたい。」と、しくしく泣かれた
ことなら何度もある。
別の意味で、とても面倒くさい男ではある。

幼稚園生活も2年目を迎え、ぼんやりビビリん坊も、だいぶ男の子らしい
大胆さが出てきた。
とはいえ、しょせんはビビリでワンテンポ遅れるこのお方。
どうも、やんちゃ坊主の標的になっているらしい。
「○○が、ぼくのここ、こーって、ひっぱるの。」という具合いに、
ほぼ毎日私に訴えてくるようになった。

放課後の学童保育に迎えに行くと、上着にべっちゃりとヨーグルトや
コンポートがつけられていることもあった。
「○○が、こんぽっと、ぽんっ、って、こーやって、したの。」
ムスコが携帯パック入りのコンポートを食べていた時、その男の子が、
コンポートを両手ではさんでパンッと叩き、中身が噴水のように飛び出した様子。
明らかにヨーグルトの容器をごとぶん投げられたのであろう、それくらい
汚れていることもあった。

その他、突き飛ばされる、引っ張られる、蹴られるなんかは日常茶飯事。
この間は、買ったばかりの手袋の中に砂がパンパンに入っていて、
続きを読む

×水曜日と学校休みの行き先

9月一杯で、ゴネにゴネ続けていた託児所が本当に終わってしまい、
試行錯誤の結果、なんとか新しいペースが出来てきた。

C aere 01


最終的に、ムスコが通っているのは、会社の近くのCentre aéré(=学童保育)
自宅近くの学童は、そもそも定員オーバーで登録自体が不可能(←詳細はこちら)ではあるが、
朝8時半スタートというのがネック。
駐車場所とは逆方向に徒歩で連れて行き、その後車を拾いに行く流れになるので、
8時半きっかりに子供を放りこんでも、9時にエンジンをかけられればいいところ。
そこから、すでにド渋滞となっている列に加わらなくてはならないので、
普段の3倍くらい時間がかかってしまう。
もちろんフレックスタイムの最低条件である時間にも間に合わない

8時半なんて、働いてる人にとっては、とっくのとうに1日が始まってる時間。
そんな時間に、のこのこ開けられたって使えないっつーの...。
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。