×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×税金控除:託児費用の申請

フランスで「5月」というと、真っ先に思い浮かべるのが
面倒な税金申請。
自動的に処理をしてくれる日本と違い、フランスは会社員でも
自分で申告をする。
この時、忘れてはいけないのが託児費用の申請。
年間2300ユーロを上限として、税金控除の対象となるからだ。
「融通の利く両親のいる子供が2人いる家庭」より、託児費用が
かかっているであろう我が家にとって、何を差し置いてでも
やらねばならぬ事なのである。

託児所在籍可能期間である0~4歳までの間には、通常お世話に
なる園に加え、単発でお世話になる園がある。
住んでいる環境と家庭状況にも寄るが、年間を通して4~5箇所の
園にお世話になるので、各施設の名称・住所・年間で支払った
託児費用を合計したものを、税金の申請書にそれぞれ明記する。

税理士を通す家庭もあると思うので、その場合は、通常各託児所の
支払い証明書を求められる。
となると、早目に各施設に問い合わせをし、証明書を発行してもらう、、、
という少々面倒な作業が追加される。

さて、2012年はまだ託児所にもお世話になっていた年。
今回は、託児所が2ヶ所、あとは学校の朝晩の託児室、そして水曜と学校休みに
お世話になっている学童の4ヶ所。
総額を計算してみると、託児所のみだった頃に比べると、ずいぶん
金額が減ったなぁ、、、としみじみ。
当時、あれしか選択肢がなかったとはいえ、高給取りでもないのに、
よく払い続けられたもんだとつくづく思う。(苦笑)

この託児費用控除は、お母さんが働いているいないは関係ないので、
該当する方はぜひぜひ申請をお忘れずに~。

ちなみに今年の申請の期限は、申請用紙を使う場合には5月27日(月)、
ネットで申請する場合には、6月11日(火)。
ただし、ネット申請期限に関しては、エリアによって違うのでご注意を。(^^)

スポンサーサイト

×イタリア日帰りの旅

会社の福利厚生にて、トリノ日帰りバス旅行の激安オファーがあったので、
とある土曜日、ムスコと二人で行ってきた。

フランスからイタリアに行く際に通る、通行料がえらく高い 13kmにも
及ぶFrejusトンネル。
片側一車線通行、速度70kmで決められた車間距離で薄暗いトンネルを
長距離運転するって、案外疲れるものなのです...
その運転から開放されて、ぼけっと座ってるだけで格安料金で到着できる
なんてありがたや

一応、今回のツアー(といってもガイドなしの自由ツアー。)のテーマは、
ヨーロッパ最大規模の屋外市場 Porta palazzo(ポルタ パラッツォ)
を訪ねること。

私達は、こちらはパスして前回の旅行で周れなかった町の中心地の探索が目的。
そして、もっちろんおいしいものを食べること
えぇ、最大の趣味と生きがいは「飲食」ですから、ワタクシ。

Turin 01
アルプスの山並みが美しい...
自分で運転してるとこんな風に景色をのんびり見られないのよねぇ~


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。