×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×アレルギー予防食

アレルギーの予防として始めた5日回転食。
フランスの小児科のアドバイスは、ふんふんと聞き流し(笑)。

以下、最近のミルクの記録なども含め、備忘録として。


<2e âge ミルクについて>

小児科の指示

 1日目:2e âge 1さじ+残りは1e âge
 2日目:2e âge 2さじ+残りは1e âge...
  という要領で切り替えていくこと。


ムスコの様子

 2e âge に切り替えてお昼のミルクをあげた後(その日の2回目)、ふとももに
 赤い発疹。ひじ&ひざ周囲に腫れのない発疹。
 離乳食に入れた新素材 ホワイトアスパラガスも疑ったが、アレルギーが出る
 可能性が非常に低い素材。 連続して、大量に生のホワイトアスパラガスに
 触れる機会のある人、つまりは生産者、もしくは、販売者で、直接触れた部分に
 湿疹が出るケースがかなり稀にあるらしいけど...。 
 となると、ムスコの湿疹の原因としては、ちょっと考えにくい。

 次に疑ったのが、ミルクに含まれるたんぱく質。
 今まで口にしたことのあるNovalacbaby bioのたんぱく質含有量を
 比較したくて、購入した薬局とBIOのお店に電話をして缶を見てもらった。
 一番長く飲んでいるNIDAL natéa、2e âgeのGallia Apaisiaを比較すると
 たんぱく質、カゼイン共にほぼ変わらない。
 このGallia Apaisiaは、牛乳アレルギーに対応しているので、こちらもちょっと
 考えにくい...。
 翌日には、湿疹はすっかり平らになって、赤味も引いていた。
 念のため、その日は離乳食をお休み。
 ミルクも1さじのまま様子を見ることにした。


その後の状態

 その後は、まったく湿疹がなくなって、肌状態はかなり良好。
 それでも、ゆっくりとステップアップした方がいいだろうと思って、3日間は
 1さじのまま様子見。
 結局、3日毎に1さじずつ増やして、3月23日現在で、2e âge は3さじに。
 体調を確認しつつ、少しずつ切り替えていく予定。


<離乳食について>

 1.かぶ
 2.ねぎ(白い部分)
 3.キャベツ
 4.大根
 5.白菜

5日回転食の1回転目に選んだ野菜で、腹痛を思わせる反応・軟便・嘔吐・
湿疹などの症状は一切ナシ。食欲も旺盛。
少しずつ新しい野菜を取り入れてみることにする。

 1.ブロッコリー BIO
 2.ホワイトアスパラガス
 3.カリフラワー
 4.アーティチョーク
 5.レタス(Batavia) BIO 
 6.アンディーヴ BIO

上記の野菜を、鮮度のいいマルシェで見立ててもらって購入。
その内のいくつかは、気にいった鮮度のモノがなかったのでBIOのお店で購入。


調理の際の注意点

抗原性の減少+残留農薬を減らす+灰汁抜き(この灰汁に反応してしまうことが
あるそう。)をする目的で、1度目の茹で汁は捨てて、野菜と鍋を洗ってから、
最低でも2度茹ですること。


注意すべき野菜

 1.ほうれん草 ⇒ 抗原性がもっとも高い食材
 2.インゲン ⇒ 大豆と同じマメ科は初期は避ける
 3.グリーンピース ⇒ インゲンと同じ理由
 4.じゃがいも ⇒ アレルギー・アトピー体質がある場合、痒みなどの原因と
            なりやすい
 5.にんじん ⇒ 抗原性は高くないが、要注意食材。
 6.かぼちゃ ⇒ 抗原性は高くないが、要注意食材。
 7.クルジェット ⇒ ナス科と共に抗原性の高いウリ科は要注意。
 8.バナナ ⇒ 抗原性がもっとも高い食材。じゃがいも同様、痒みの原因と
          なりやすい。


もちろん、これはアレルギー体質の遺伝が考えられる赤ちゃん、離乳食が
始まる月齢になるまでにアレルギーと関連していそうな皮膚疾患のある
赤ちゃん
が対象。
それから、「日本人としてはお米から」と言いたいところだけど、上記対象の
赤ちゃんは避けたほうがいいそう。


私がアレルギー体質じゃなかったら、ごくごく一般的な方法で進める
だろうなぁ、と我ながら思う。

特に25歳過ぎるまでは、ほんっとに酷かった。
アナフィキラシーで呼吸困難になること数回。
担ぎ込まれた救急でボスミンを打たれた時には、んとに、死ぬかと思った。
免疫力が異常に低下して、感染を防ぐために点滴をしょっちゅう打ちに行ったり、
ステロイドをさんざん投薬された結果、副作用で苦しんだり。
嗚呼、もうさんざん。

こんだけ年をとったら、身体が鈍くなったのか、ずうずうしくなったのか、
いくつかの花粉と動物の毛くらいしか反応しなくなっちゃったけど。(笑)

なのでね、どうしてもムスコをアレルギーにしたくないの。
当たり前の日常が送れないことがどれだけ大変か、よーく知ってるから。
もちろんね、やるだけやってもなる時はなるんでしょーけど...。

ということで、これは、あくまでもこういう特殊なケースが前提ってことで、
関係のない方は、流してくださいねー。


関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/105-2b058318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。