×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×入学準備

フランスでは、公立の学校は、基本的に文房具も含めて支給されるよう。
せいぜい筆記用具くらいを揃えればいいらしい。(←合ってる?)

ウチが最終的に決めた学校は私立。
夏休みに入る前の6月には、給食の申し込み書やら規則やらが書かれた用紙と一緒に、
入学準備品リストが送られてきていた。

メーカーやページ数まできっちりと指定されていて、作らないといけないものは、
図解できっちりと寸法が書かれている。
ほほぅ~、フランスでもこういうの、あるのね。(笑)

近所のスーパーでは、指定のものが見当たらず、同じ学校に入学することになった
託児所のママ友と郊外の超大型スーパーまで足を延ばした。

自分用の備忘録として、ずらずらーっと↓。


● 入学準備リスト ●

・証明写真4枚
・全身写真1枚
・家族写真1枚

お着替え入れバッグ※布製指定
 名前をつけ、廊下のコートかけに置いておく事。(下着・靴下・ズボンかスカート・シャツ・
 ビニール袋を入れておく。)
Canson※メーカー指定の色紙セット(明るい色の方を指定)
120ページの※ページ数指定)クリアポケットファイル、表紙に透明なポケットが1つ
 ついているタイプのものを2冊

小さいサイズの本を1冊(学校図書推奨であるPère Castor/lutin poche de l'École des
 loisirs/Cajou/Alfred/Croque la vie/Étoile Filanteから選ぶこと。Tchoupi や
 Petit ours brunは不可。)
箱入りティッシュ2箱
お尻拭き1箱
プラスティック製持ち手なしのコップ1つ※名前は底面に書くこと。
太いフェルトペン1セット
ペーパータオル1ロール

小型サイズのバスタオルに端から20cmの位置に4箇所ゴムをつけたもの
 寸法は、必ず守ること。(※寸法が書かれた図あり。
小型サイズの上掛け一枚 (※寸法が書かれた図あり。


さて、お次は、お名前デス。
面倒なので、ワードで作って家にあったラベルにドンッと印刷。
どこまで貼るべきかわからないので、ええぃ、これだけやっときゃ文句はないだろ!とばかりに、
フェルトペンの1本1本にも貼りつけておいた。


この持ち物一式、まとめてみると結構なカサとなり、入学当日は、スーパーの大型
エコバッグに山積みで搬入してる人がほとんど。 
それをアシスタントの先生が、間違っていないか、名前はついているか、
一人一人確認しながら慣れた様子で仕分けしていく。
ふーん、フランス人だってやれば出来るんじゃん。という華麗なさばき方だった

結局、手作りものが間に合わなくて (どうせフランス人のこと、初日にここまで
用意しちゃいないだろ、と高をくくった私が甘かった。きっちり用意している人の方が圧倒的に
多かった...。)、一番きちんとしていそうな日本人である私が、入学後大慌てで作る始末。


お着替えバックは、材料を調達する時間がなかったので、家にあった生地で無理矢理作ったら
やっぱりなんだか垢抜けない。
まるで、私の子供時代。昭和の香りただよう仕上がりになってしまった...。(^▽^;)

bag.jpg



ホントはね、同じ作るのなら、Michael Millerというアメリカの生地屋のセンスのいい
車柄プリントで作りたかったのよ、、、。
まぁ、昭和の香りもヨシとしよう。

その代わりと言っちゃーナンだけど、アンパンマン好きなムスコのために、兄夫婦が
送ってくれたお名前ワッペンつけちゃったもんね♪


無事、持ち物準備、完全終了! ごくろう、ワタシ

関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/313-6bd91374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。