×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×入学当日

9月5日(月)幼稚園に入園ですっっっ!!!

日本のような厳かな「入園式」が存在しないので、なんとなく締りがないけれど、
とにかく今日から正式に幼稚園生になるのデス。

事前に郵送されたプリントの指示に従って、ムスコとお手々つないで学校へ。
面接で会った校長先生が、プリント片手にウロウロしている新米父兄たちを
案内してくれていた。

案内に従って教室に入ると、担任の先生、アシスタントの先生が、慣れない場所で
モタモタしている父兄相手に自己紹介をしながら、指示や説明をしてくれる。
合い間にアシスタントの先生が、父兄が持ってきた大量の学用品類をテキパキと
預かっていく。

託児所で鍛えられてきたムスコではあるけれど、さすがに怖気づいて私の手を
離そうとしない。あっちゃこっちゃで半べそかいたチビ達が、グズグズ言うなか、
先生は手馴れた感じでどんどん子供達を引き取っていく。
親達も、少々後ろ髪を引かれながらも次々教室から出て行った。

ガンバレー、ムスコーーー!!!

もうね、担任の先生のテキパキした動きに圧倒されてしまった。
すでに結構な重さになっていて、力もかなりついている子供達を次々と抱きかかえたり、
言い聞かせたりして、ちゃんと言うことを聞かせてるんだから。
すごいね、幼稚園の先生って。


この日は、9時から11時のみで、オリエンテーションというか慣らしという感じで終了。
子供を送った後は、持ち物の不足分(手作り部門)を大慌てで作って、すぐにお迎え。

半べそかいて、最終的には先生に抱っこされたムスコは(笑)、どうなったことやら???

教室の隣にあるプレイルームで、子供達は体育座りで親達を待機。
名前を呼ばれたら一人ずつ順番に親のところに行く流れ。

すごーーー!!! こーんなこと出来るのね。
わきゃわきゃ大騒ぎして動物園のようになることなく、みんな先生の言うこと聞いてんのっ!!!
びっくりしましたよ、ワタクシは。
どうやったら、こんなに静かに言うことを聞かせられるのでしょーか...


担任の先生、アシスタントの先生、事務局の人、外国人の私が投げかける初歩的な質問・疑問に
丁寧に答えてくれる。 外国人故に、素っ頓狂なことを言っているであろう時にも、変な顔
一つせず、親切に教えてくれる。

運のいいことに、同じ託児所出身の子も数人いるし、知り合いの子もいる。
これからの学校生活が楽しみな、大満足な初日となりました♪ (^^)

関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/315-0727348b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。