×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×St.Tropezへ

Armistice 1918で祝日だった11月11日。(恥ずかしながら、今回初めて調べてみたら
第一次世界大戦の終戦協定が結ばれた日、だそう。何年いるんじゃ、フランスに...

週末とくっつけて、南仏 Côte d’Azur コート・ダジュールSt.Tropez サント・ロペへ、
託児所仲間2家族+その同僚家族で過ごしてきた。

ブリジッド・バルドーで有名になる前は、単なるひなびた港町だったSt.Tropez。
そのただの小さな港町だった頃、託児所仲間のおじいちゃん&おばあちゃんが
ここに海の家を買ったのだそう。
今じゃ、ちょっとやそっとじゃ手が届かないほど、不動産価格はうなぎのぼり。
まさに、先見の明ですな。


st tropez01




超高級避暑地とはいえ、こちとら、ごく普通の子連れ団体@海の家、なので
食事は自炊、あとはお散歩、卓球、海辺で凧あげなど超庶民的。(笑)

せっかくなので、町をひやかしに行ってみると、オフシーズンだと言うのに
あるわ、あるわ、超高級車!!!
港には、いかにも高そうなクルーザーがズラーーッ...。

こうなったらここで新しい恋人を捕まえよう、どうせなら遺産を残して
すぐにいなくなってくれるじーさんがいい、、、などと、私達女性陣は
くだらんミーハー話に花を咲かせながら金持ちを物色。(笑)

気の合う仲間とワイワイ過ごして、特別なことは何もしない。
キレイな景色と空気でリフレッシュ。

こういう過ごし方もいいもんデス。
海、凧あげ、卓球、海辺の岩のぼり、お友達とお泊り、ムスコ初めてのことだらけ。
なによりも、ムスコにたくさんの体験をさせることができたのがうれしい。


st tropez08




が、一つだけ問題が...。
ずっと自炊、つまり、こっちの人達のメニューが基本で、しかも、団体なので
さらに簡素化されるワケで...。
パックのラビオリ、出来合いソースをかけただけのパスタ、パン、ハム、チーズ、
炭水化物と動物性たんぱく質のオンパレード、野菜なぞほぼナシ。

で、私、あっという間にお通じに問題が出てしまい、、、普段快調なのは
当たり前に野菜を食べているからなのだと知ったワケなのです...

やっぱり、典型的なこっちの人の家庭の食事、わたしにゃ、無理だ。(^^;)

次回行く時には、最初からその準備をして、私が全部作るんでいいからさ、
キミ達が、こっちに合わせてくれたまえっ。(^^;)


関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。