×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×悲しいお母さんの話

かなり衝撃的だったこの話。

子供との関係が全く築けないというお母さんいて、、、。
もともと家事がすごく苦手な人で、子供が出来たからと言って努力をする
ことはなかったそう。
食事は作らず、一日の内で一番大変な朝と夜の世話も100%旦那さん任せ。
当然、男性のやり方なのでいろいろ至らず、結局、子供は極度の偏食で、
しつけも生活習慣もあったもんじゃないという程ヒドイ。
文句も言わず、一生懸命やってくれた旦那さんに感謝をするどころか、家事も
育児も放棄した自分のことは棚にあげ、、、


「子供がこんなになったのはアンタのせいだ!」と、旦那さんを罵倒...。

子供は、彼女には全く懐かず、母親がしょっちゅう爆発する身勝手な怒り、罵声、
陰湿に旦那さんを罵るのを見てきたその子は、子供らしい素直さや純真さ、
無邪気さを完全に失い齢6歳にしておそろしく性格がひん曲がってしまった。
人を罵り、悪態をつき、爆発するその子の姿は、母親にそっくりだとか。。。

結局、あまりにも懐かない子供にぶち切れた母親は、痣が出来るほど子供を
殴り、ついに旦那さんも切れてしまったそう。
妻の身勝手を受け入れ、一生懸命男手一つで育てた我が子が、結局母親から虐待され、
全ては自身が導いた結果だというのに、自分勝手に要求ばかりしてくる、人間性を疑う
ような彼女の長年の態度に、旦那さんはとうとう別れを決意。

フランスでは、こういう場合、子供が幼ければ母親と暮らすのが一般的。
母親が外人だったり、無収入であっても、そこは真っ先に尊重される。
母親が、幼い子供と住めなくなるなんて、よーーーっぽどのことをしない限りは
まずあり得ない。
が、この家の場合、子供は父親と暮らす、という流れに。。。
育児放棄、虐待、子供は母親を完全拒否。
身内にも、法的にも「母親失格」の烙印を押される程の事を、彼女はしてきたわけだ...。

いざ手放すとなると惜しくなったのか、最終的に、子供を物で釣るという、母親が
やるにしては余りにもナサケナイ暴挙に出た彼女。
超偏食の子供が受け入れるもの、マック、ケンタッキー、ピザ、パスタ(といっても
野菜ナシでロクに栄養が取れないカルボナーラ...)、その他、栄養的にかなり
片寄る炭水化物にお菓子類。
これらを毎回子供の鼻先にぶら下げ、そして、知育や創造性などは完全ムシした、
つまり、子供が気に入ることにだけ的を絞ったおもちゃをダシに必死で引き止めた。
パパのところに帰りたいとグズル子供に、また虐待したくなる気持ちを抑え、
猫なで声で説得し一緒にいてもらい、母親としての居場所を、たとえ虚像であっても
無理矢理裁判で判決がくだされる前に作ろうとしているとのこと。


母親がとる行動としては、あまりにも痛々しくてむなしい。。。
母親って、子供から見ると、うるさいことばかり言うし、キーッって怒ったりするし、
父親程甘やかしてくれない。
でも、毎日毎日、料理やら細々と身の回りのことをしてくれて、丸くて温かくて
やわらかい、なんだかいい匂いのする生き物。
病気になったら普段よりちょっぴり優しかったりして、病気も悪くないな♪ なんて
思ったりする、いざという時に帰れる場所、というか...。

確かに、たいした事もしていないのに、甘やかしてはポイント稼ぎをする父親に、
子供が「パパー!」なんて甘えてるのを見ると、「面倒みてるのは私だよ!」と、
ムカッとしたりすることもある。
そんなことがママ友の間で話題になること、よくある。
でも、母親としてやることやってたら、彼女のようには揺るがないはず。
物で釣るなんてことをしなくても、子供は、本能的に母親を必要とするもの。
子供を産んだら自動的に母親になれるわけではなくて、毎日の小さな積み重ねで
少しずつ母親になっていくんじゃないか、って思う。

普段はクチになんて出さないけどさ、私も、私の周りも、日々迷いながら、
ぶつかりながら、現実と折り合いつけてなんとか頑張ってる。
そんな毎日がずっと続いて、ようやっとなんとなく母親っぽくなるのかもしれない。

彼女のように産みっぱなしで、結果だけを得ようとするには無理がある。
何もしなかった、したくなかった、それは彼女の選択。
でも、それなら、それによって出た結果を享受するしかない。
努力はしたくない、でもおいしいところは持って行きたい。
あまりにも身勝手で、欲が深過ぎるのではないか?


子供がもう少し大きくなったら、今のようにお情けで一緒にいてくれることも
なくなるだろうし、物で釣るのにも無理が出てくるはず。

父子家庭で頑張っている友達が「自分の子に母親がいないこと(出産直後、子供を置いて
別の男性のところに行ってしまった、というなんともフランス的な。。。)が、ずっと
うちの子は不幸だと思っていたけど、彼女のような母親なら、むしろ、いない方が子供が
幸せだ。」と、憮然として言ってたこと、私もよくわかる。

母親として、彼女が最初で最後に、唯一できることって、子供の幸せを願って、
手放してあげることなのかもしれない、、、。
身勝手に産んで、放棄して、また身勝手に気を引いて、子供をかき回す。

「ママー!」と無邪気に私の胸に飛び込んでくる息子を見るたびに、同じ母親
として、ただただ、悲しい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by: * 2012.04.19 11:44 * [編集]


子供は親を選べない。その典型ですね。
このお母さん、本当にあわれで痛々しいです。
でも、何より子供が可哀想ね。

by: ともこ * 2012.04.19 11:48 * URL [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by: * 2012.04.23 11:44 * [編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by: * 2012.04.28 21:30 * [編集]

Re: かきくけこ

> 鍵コメRさん

えっ?嫉妬??? すごいな。
うーん、どこにそういう要素があるのだろうか。。。

この間の桜は本当にキレイでしたよね!
やっぱり、自然と日本を思い出します。(^^)

by: cou17 * 2012.04.28 22:25 * URL [編集]

Re: タイトルなし

> ともこさん

そうですね、悲しいですよね。
結局、いつだって犠牲になるのは子供。
せめて、反面教師となって、この子が母親とは逆に
素直なきれいな心を持ってくれるようになって欲しい
なんて思うけど、、、難しいですよね。
子供は親の背中を見て育つから。。。

いずれにしても、また近いうちにお会いできるのを楽しみにしてます♪

by: cou17 * 2012.04.28 22:29 * URL [編集]

Re: タイトルなし

> 鍵コメNさん

あまりにも悲しすぎる話ですよね。。。

さて、ありがと、です♪
なにせ、当時から知ってますからね~。(苦笑)
ワタシ、あなたの前では裸ん坊って感じですわっ。(^^;)

あとは、メールで!

by: cou17 * 2012.04.28 22:32 * URL [編集]

Re: タイトルなし

> 鍵コメMさん

そうですね、せめて薬の副作用のせいだと思ってあげたいですよね。
あまりにも哀れ過ぎますから。。。

パリに行く時には連絡しますね!
ぜひぜひ、ワインのお見立てはお願いしま~す。(^^)

by: cou17 * 2012.04.29 00:00 * URL [編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/342-a9187123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。