×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×息子×ママ

最近、ムスコがこんなコトをよく言う。

息 「ママー、きいてー。」
私 「なーに?どうしたの?」
息 「ん、えっとー、ずっとー、ずっとー、ごめんねっ!」
私 「どうして?ごめんねなの?」
息 「だってー...。んーー...。」
私 「ずっといい子だったよ。」
息 「だって、だって、ずっと、ずっーと、ありがと、ママー。」
私 「ママの方がありがとう、だよ。」
息 「ママ、だーいすき。ありがと、ママ。」
私 「ママも、だいだいだーいすき。」


どこまでわかって、感じて言っているのか、はたまた、なんとなく
ボキャが増えたから言ってるだけなのかはわからないけれど、
それでも、ムクムクと元気が出てしまうのは確か。


で、最近、また復活したちゅー。
「ママ、ちゅー、しよっ!」って言ってくれるのん♪

男の子×ママ、女の子×パパ。
この組み合わせが、恋人同士のようになることが多いのかもしれないね。

ムスコも、明らかに私とパパでは当たりが違う。
ママより楽しく根気よく遊んでくれるパパは大好きだけど、パパは同志、
ママは別格、というのかな。

ある時、ふざけたパパが、丸めた紙で私のお尻をポンッと叩いた。
その途端、ムスコがすっ飛んできた。

「んおぉーーーーー!!! アレッテッ!(=止めて)」

で、ポンッと叩かれた私のお尻をナデナデしてから、パパをバチンバチン
殴りにかかった。
パパが面白がって、同じこと繰り返すと、さらにすごいイキオイで逆襲。(笑)

毎回、こんな調子で、私のナイトとなってくれる。


そして、面白いのが、パパの前では私のことを名前+ちゃん付けで呼ぶコト。
その他、扱いがね、やたらと女性なのよ。

2人っきりの時だって、ドアは開けて押さえておいてくれるし、毎朝、
靴を選んでくれる。
いつもと違う雰囲気の服を選べば「かわいー。」と褒め称えてくれる。
料理をすれば、「ママ、すっごくおいしい、ありがとう。」と言って、
抱きしめてくれるんだもの。

そら、パパなんて、ダンナなんて、恋人なんて、オトコなんて、、、いらん。
この世で、こんなにも私を愛してくれて、必要としてくれ、全てを
受け入れてくれる男子なんていないもんねー。

そーんなことを、同じく、高齢育児で1人息子を持つママ友に言ったら、
「わーかるわーーーー! うちも、ダンナがかすんじゃって、もう、ほんっと
どーでもいー!」だってさ。


わーかーるーわーーーー!!!


ほんっと、歴代の彼氏をダマにして並べても、息子にゃかなうまい。

子供がいることでヘトヘトになることもあるけど、同時にここまでの
癒しと生きるモチベーションを与えてくれる存在ってない。

物理的には、私が手助けして生活しているようだけど、本当は私が
支えてもらってるんだろうね。
私の方が、息子にたくさん甘えてるんだろうね。

ありがと、いっつも優しくしてくれて。(^^)♪

関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。