×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×じんましん

休暇を1日とって、週末&祝日とくっつけて、念願だった20年振り?(ひー!)の
イタリア旅行に行ってきました~。

楽しかったイタリア旅行記は、ちょっと置いておいて、ムスコ初の蕁麻疹について
忘れないうちに、、、。


イタリア旅行中、ムスコ、初の蕁麻疹(=Urticaire)発症。
あまりにも私の子供時代にそっくりで、すぐにピンと来た。
同時に「あぁ、私の面倒な体質、思いっきり受け継いじゃったんだな...。」と。
今までは可能性として、常に疑っていたことを確信。
あぁ~、一番似て欲しくない部分が似てしまった

旅行記はすっ飛ばして、以下、備忘録。

旅行3日目(金) 左の頬に赤味。
   4日目(土) 右の頬にも赤味、両腕肩からひじまで斑点状の赤味。
   5日目(日) 左の頬は赤味が多少引いた。それ以外は、変わらず。

旅行から戻って1日目(月) 
            頬は両方共ほぼ落ち着いた。
            両腕は昨日よりはいいがまだ斑点状。
            両足全体に斑点状の赤味、お腹・背中・お尻にも赤味。
            お腹に常にあるアトピー状のカサカサに赤味。
            この日から、動物性たんぱく質ナシの食事。(夜のみ)

       ★晩御飯
           具沢山味噌汁(BIO瓶詰めのもやし、にんじん、ねぎ)、
           BIO野菜の瓶詰め(ブロッコリー、にんじん)→ほとんど
           食べず、ベットラヴのサラダ(ドレッシングなし)

2日目(火)  頬はすっかり落ち着いた。
          腕・足・お尻にうっすらと斑点。全身、全体的に多少赤味。

       ★晩御飯
           うどん半玉 昆布出汁で(具は、わかめ・白菜・大根)

3日目(水) 18時にアポが取れ小児科へ。
      たんぱく質のとり過ぎ(+旅行中の疲れと私の体質を遺伝)という
      私の見解にドクターも同意。
      私が参考にしているアレルギー抗原表に従い、抗原レベルの高いものと
      動物性たんぱく質は与えず、刺激物を体外に排出して落ち着かせる
      という私の意見に、ドクターも同意見。
        ※ムスコの離乳食のため、昔自分で訳したアレルギー抗原表。
            小児科がコピーを取らせてくれって。
            結局、この日の診察は、自分の意見をしゃべりまくる私に、医者が同意しているだけ。
            う~む、アレルギー・アトピー、それにまつわる食べ物との関連性など、この部分に
            おいてだけは、私、本当にイケルかも!?(笑)


      私の希望通り、アレルギーテストを行うことにも賛成。
      着実に斑点は引いていってはいるが、全身、全体的に赤味。
      手と足には、まだ斑点が残っている。

       ★晩御飯
           白米・焼き海苔・蒸し野菜(ブロッコリー・にんじん)、
           ベットラヴ(ドレッシングなし)


食材は、5日間で99%が排出されるので(化学調味料、脂質を除く)、
学校給食分はどうしようもないが、家では、少なくとも金曜日までは下記の
食材はストップすることに。

* 一旦中止する食材 *
・肉類、魚類、乳製品、卵、バナナ、いちご、トマト、ほうれん草、なす、
 かつお出汁も一旦中止
・抗原表のレベル4・5の食材は与えないようにする
・悪化させる可能性が出るので、調理の際の油は控えめに


* 合間にやること *
・白米のみのご飯を炊いて冷凍保存(通常は、3分の1玄米を混ぜているため
 冷凍保存分は玄米入り。玄米は、抗原性が高い。)
・抗原性の低い野菜の購入(カブ・大根・キャベツ・レタス・白菜・
 カリフラワー・ブロッコリー)
・上記の野菜で何品か作っておく



こういう時ばかりは、専業主婦ではない自分がもどかしい。
平日は、起床から就寝まで、1分の余分な時間がないほど追われる日常。
スーパーに行くのですら難しいのに、やっと買えても、その分
調理から就寝までの時間がこれ以上タイトになるのも厳しい...。
自分で熟知しているからこそ、やれる限りの手を尽くしてあげたいのに、、、。

その後は、日々、目に見えて状態が落ち着いて、金曜日には、腕に一部うっすらと
赤味がある以外は完全に元に戻った。
5日間でほぼ体外に排出される説、う~む、、ホントだね。

念のため、その翌週も野菜中心の除去食で。
その代わり、植物性のたんぱく質、かつお出汁(理研の無添加、顆粒タイプ)、
中華出汁(無添加、日本より)は少しずつ使用開始。

* 週末多目に調理しておいたおかず *
- カブと大豆の煮物
- カリフラワーとにんじんの中華炒め


丸々2週間、地味~な食事を続けて、身体を落ち着かせた。
今回のコレで、間違いなく、私の体質を受け継いでいることだけははっきりした。
幸い !? 自分でさんざん経験してきたことなのでムスコに同じようなことが
起こっても、その点だけはお手のもの。(苦笑)

私自身、大きくなってから受けたアレルギーテストでも、食べ物の反応は出てない。
食べ物で反応でないなら大丈夫、と言う人がいるけど、そんな単純なものではなく、
あれこれアレルギーがある体質の人というのは、やたらと過敏でいろんなものに
反応してしまう。
皮膚疾患も異常に多かったり、とにかく面倒くさい体質なワケなのです。

今回、ムスコの身体に表れたのは、栄養価の高いもの(動物性たんぱく質)を
旅行先で普段以上に食べ、身体の中で処理しきれなくて蕁麻疹として出た、
というもの。 まさに、私の子供時代とまったく同じ。
ひどい時には、高熱と耐えられないほどの痒み、ひどい痒みからくる全身痙攣と
過呼吸ということもあったので、今回のムスコが蕁麻疹だけで軽く済んで
本当によかったと思う。
対応できる身体をもっていないくせに、大食いのためバカスカ食べてしまうから
こうなるのよね。(苦笑)

大食いなところ、動物性たんぱく質や栄養価の高いものに少し過敏なところ、
残念ながらしっかり私の体質を受け継いでいるということが、はっきり
わかったのが今回の大きな収穫デス。




関連記事
スポンサーサイト

コメント


大変だったね~
大きくなると広がるから食べたいように食べちゃうものね。
でもよくなってよかった。
たんぱく質はよくいうよね。3-4歳になってもそうなんだね。気をつけようっと。

by: Cochon * 2012.09.24 19:57 * URL [編集]

Re: タイトルなし

> Cochonさん
あぁ、遺伝したんだ、、、ってガクッとなったよ。(苦笑)
大食いでさえなければ、ここまでならずに済むんだろうけど。

たんぱく質は、三十路近くになってもこーんなことになる人...( ̄▽ ̄)
いるくらいだから、Cochonさんとこもお気をつけあそばして!

by: cou17 * 2012.09.28 22:18 * URL [編集]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/384-24ad5a5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。