×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×アレルギー検査

ムスコのアレルギー検査に行ってきた。

う~む、、、結果としては、かなりがっかり。
フランスでの検査方法について、私の事前リサーチ不足もあるのかも
しれないけど。(^^ ;)
届いた結果には、3種類に分けた食品群のアレルギー反応が
ネガティヴかポジティヴか、、、なんの数値もナシ。がくっ。

私の知っているアレルギー検査というのは、まず皮膚テスト。
植物や動物、食べ物などアレルゲンを含んだ液を腕にたらし
皮膚を少し傷つけて反応をみるというもの。
それから、お決まりの血液検査。

血液検査では、IgE値が書かれていて、食べ物アレルギーの中でも
即時型のものを知ることができる。
その次に、花粉やハウスダスト、動物などいくつかの項目に対して、
0から6とか7くらいの段階に分けて数値で反応を出してくれる。
日本の一昔前でも、わざわざ頼まなくても、ここまでは出してくれた。
これが、私の知っている血液検査。

皮膚検査は、少なくとも数分間腕を固定された状態で、プチッと傷つけられるのを
我慢する必要があり、3歳児には厳しいと思うので、これはまだ考えていなかった。

なので、今回ムスコがやったのは血液検査のみ。
それでも、まだ細い血管に針をいれられたまま数分動かずにいるというのは
3歳児にはかなり酷な状態だった。
わーわー泣くムスコを必死で押さえつけ、本人もそれ相応に頑張った
というのに、こーんなアバウトな結果をペロッと渡されちゃ、さ。
それとも、フランスでは、患者がそこまで指定しないと、何の数値も
出してくれないのだろうか?


私の中では、ムスコは食べ物のアレルギーはないであろう、というのは
すでに予測済み。
何のために、回転食で離乳食を進めたというのだ。
今までムスコに表れてきた皮膚疾患で、それが身体の内側からきてるものか
単なる外部からの刺激によるものなのか、そういう時にはどういう感覚が
するものなのか、正直下手な医者より原因追求はできると思う。
それくらい、自分で経験してきていることなんだもの。
こんな具体的数値も出ていない、あいまいなレターでぺろっとわざわざ
告知されなくても、もう知ってるっつーの。

アレルギーの知識がない人は、アレルギー=食べ物、と直結させがちだけど、
そんな単純なものではない。
で、食べ物にアレルギーがないならOK、みたいな判断をする。
とある属性の植物の花粉には反応するけど、果実には反応しない、とか、
数値では反応が出ないけど身体には反応がでる場合もある。
もちろん、その逆もしかり。
しょせん、この小児科も、たいしたアレルギーの知識ないんだろうなぁ。
なにせ、私のアレルギー抗体表をコピーしたがるぐらいだから。(苦笑)

小児科ですら、何かしらの反応=アレルギーとしか考えられないんだもの。
そんな単純な構造なら、誰も苦労はしない。
ちなみに、私は、卵でもレバーでもアレルギー反応は出ません。
食べ物に関しては、数値に出るような反応は一切ナシ。
栄養価の高いものやたんぱく質に対して少し過敏な体質、というだけ。
ただ、こういう体質の人は、花粉や植物、ハウスダスト、動物など、何かしらの
アレルギー反応を起こす人が多い。
要は、無駄にいろいろ過敏、ということ。

幸い、まったく私と同じ反応、皮膚疾患を起こすムスコ。
自分の身体を扱うのと同じように、体質とうまく付き合っていこう。
医者といえど、自分より無知な人間を、頭数にはいれられません。

ということで、己を頼りにムスコの身体は私が守ります。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/389-1cef4636
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。