×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×バイバイ託児所

とうとうこの時が来てしまった、、、。
9月に4歳を迎え、9月いっぱいで託児所に在籍する権利が
完全になくなる。
最後は、定員オーバーだからと、水曜と学校休みの託児を断られ、
それでも前日までゴリ押しして面倒を見てもらっていた
けれど、それも本当におしまい。

物理的にも精神的にも、本当にお世話になったこの園。
時間に追い立てられ、立ってるのもやっとなほど
疲弊しきってる毎日を、同志のようなママ友達と
励ましあって一緒に乗り切ってきた。

まだ歩きもしない赤ん坊の頃から、子供達の成長を見て
きたからか、託児所の子供達はお互い特別な存在。
子供達にとっても、託児所の友達はやっぱり別格らしく、
学校生活も2年目を迎えたムスコも一緒に遊びたい、
というのは託児所のお友達が圧倒的に多い。

最終日前日は、仕事の合い間にチョコレート屋さんに電話をして、
保育士さん達に渡すチョコレートボックスを作ってもらった。
この日の夜は、珍しく仕事の会食があって、子供を預ける
手配をするだけで手一杯だったので、手作りお菓子は早々に
あきらめ、子供達にはショピングバッグが一杯になるくらい
BONNE MAMANのパウンドケーキ、MIKADO(ポッキー)にりんごジュースを
週末と前日に分けて用意した。


さて、大荷物をかかえて迎えた当日。

朝イチで、園長先生にお礼に行き、早番の保育士さん達にも
お礼に回った。
はは、間違いなく、一番しんみりしてるのは私だわな。(苦笑)

ムスコは、いつも通り元気に1日過ごし、みんなで食べた
おやつも楽しかった様子。
お馴染みのパパさんママさん達にも別れを告げた。

託児所探しをしている当時、30ヶ所以上の園にトライして、
長い間断られ続けた果てにやっとスタートした保育園生活。
休みの度に、あちこちにコンタクトを取って、実際に面倒を
見てもらったのが4箇所、そして定番のこの園。

家だけではできないいろんな遊びを教えてもらい、親以外の
大人に毎日注意してもらえる貴重な場。
社会性、協調性、忍耐、、、うちのような一人っ子だと
身につけにくいこと、本当にたくさん学ばせてもらった。
もちろん、「菌」もたくさんもらった。(笑)
でも、結局2歳ぐらいから風邪にもガストロにもならないのは、
しっかり耐性をつけてもらったお陰なのかもしれない。

何一つデメリットが思い当たらない、充実していた保育園生活は、
ほんとにほんとに、これでおしまい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/395-4e58d989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。