×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×週末の悲劇...

とある週末のこと。

日中、通りがかった場所で催し物があり、風船をもらったムスコ。
たいがいの子供が大喜びする、ガス入りで勝手に浮くタイプの風船。
そりゃ、もう、得意満面でずーーっと空中をゆらゆら。
手首に巻きつけた紐が取れないように、常に注意を払ってた。

さて、用事も全て終わり、家路に向っていた19時頃。
宙に浮いた風船を、相変わらずうれしそうに引っ張っていたら、
手首に巻きつけているのとは反対側の紐がほどけてしまった。
あっ、と思った時には、すでに遅し。

「あっ、あ~~~ !!!」と、ムスコは叫んですぐさま大泣き。


天国から地獄へ急降下...。
一瞬にして、悲しみのどん底よ
反射神経のいい背の高~い人なら、ひょっとしたらつかまえられたかも
しれないけれど、母さんじゃ、とても無理だ、、、ごめんね。
さびしーく手に残った紐だけを握りしめて、家に着くまで泣き続ける
確かに、私が子供の時でも、同じようにショック受けただろうなぁ、と思う。
ガス入り風船なんて、めったに持てなかったもんね。
飛んでいかないよう、あんなに注意していたのに、反対側が
ほどけちゃうなんて、あまりにも悲しすぎる偶然だわな...。

ムスコ、もう、世界の終わりってくらい泣く。
人が振り返るくらい泣き続ける。
で、号泣しながら同じセリフ↓を叫び続ける。

「あ~、かなしぃ~~、かなしぃ~~。
だって~、ふ~せ~ん、とんでったか~ら~~!!! (T-T)」


いやいや、笑っちゃいけないんだけどね、「悲しい」時に「悲しい」と
ここまで露骨に言う人を初めて見た気がするし、あれだけ泣きながらも
悲しんでいる理由を説明してるのがおかしくて。(笑)

結局、「もぉーー、かーなーしぃーーー。」を、繰り返し続けた
デリケートな乙女座男子。
この悲しさは痛いほどわかるんだけど、こんなにも素直に
悲しんでいるところが、なんとも愛くるしかったんだな。

よし、次は、風船側の結び目もマメに確認しよー
関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/396-25d357f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。