×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×● スペイン旅行 備忘録 vol.3 - 観光 編 -

、、、しつこく続けるスペイン備忘録。


☆グラシア大通りPasseig de Gracia

高級ブランド店が立ち並ぶ、目抜き通り。
Casa Milaがあるのもこの通り。
カタルーニャ広場pl.Catalunya近くまで行くとデパートもある。
このデパートのまん前に、2階建て観光バスのチケット販売所がたくさんあり、
乗り物オタクのムスコにせがまれ、のぞいてみたもののサイフを
開くまでにはいたらず。(^^ ;)

参考までに私達がのぞいたBarcelona Bus Turisticというバスのお値段を。
ルートは3種類、好きな停車場で乗り降り可能。

大人(12歳以上) 26ユーロ/1日 34ユーロ/2日
子供(3歳~12歳以下) 15ユーロ/1日 19ユーロ/2日
3歳以下は無料


その他、いろいろな販売店でお得なパックもあった様子。


☆カテドラル/旧市街エリア

カタルーニャ広場pl.Catalunyaのある(地下鉄Catalunya駅下車。地下鉄4種類が
交差する、中心エリア)遊歩道La Rambla通りから入ると、観光バスの安売りパックや
フラメンコ観賞チケットなどを扱う販売店、おみやげ物屋、などがひしめき合う
ゴミゴミしたエリアにたどり着く。
東京の御徒町とか歌舞伎町を思い出すような、お腹にちょっとドス黒いものを
抱えた人が多そうな雰囲気。(笑)


ホテルの人に、バルセロナは決して危険は町ではないが、このエリアだけは
気をつけるように言われた場所。

ホテルの人に言われたのは、

1、ナナメ掛けバッグは、お尻側ではなく絶対にお腹の方にもってくること。
2、このエリアにはツーリスト価格があって、旅行者だとわかると何倍も
  高く値段設定された英語表記のメニューを持ってくる店がたくさん
  あるので、食事は避けた方がベター。
3、物を売りつけようとする人がやたらいること。
4、特に、簡単なボードゲームのようなものをやっている人達には注意すること。
  「こっちにこい。」と親しげに呼ばれて、ちょっと参加するとものすごい値段を
  ふっかけてくるそう。



カテドラルの前も物を売りつける人がわんさか...

そういう人達だけで入り口の階段が埋め尽くされていて、私のすんごく苦手な雰囲気...。
観光収益に頼っている場所は、どうしてもこうなりがち。
この客の足元見てふっかけてくる意地汚い感じが、せっかくの見どころ食べどころのある
素敵な観光地が台無しになってる感じがして、本当に好きになれない。
もちろん、他に生活の糧がないので仕方がないのだとは思うけれど。

こういう観光地に限ったことじゃなく、汚い手段で楽して得しよう、まずはそろばんはじいて
「楽」と「得」を勘定したり、正当な労働もせずに他人様が一生懸命労働をして得た
対価をせしめようっていう意地汚さに嫌悪感を覚えるんだと思う。 
人としてのプライドないのか、尊厳はどこにある、って言いたくなる、ずる賢いことを
する人が放つドロドロとした空気に食傷されてしまうのだ。
他にいくらでも生活の糧がある場合ならなおのこと。
他人や制度を食いモノにする前に、最低限働きましょうや、、、。(ーー;)


、、、ということで、暑っくるしい中、ごみごみしていて、薄汚い雰囲気に
あっという間にゲンナリし、このエリアは軽く流してすぐ退散。
気づけば、写真一枚も撮らなかった。
次回は、ここらはもう来なくていいなー


☆Mercat de Sant Josep サン ジョセップ市場(ボケリア市場)

今回立ち寄れずに地団駄ふんだのがこの市場。
「飲食」が人生の中心にある私としたことがぁ~・・・・
次回は、クーラーボックス持って行って、おいしくて安い魚介類を密輸してやるわっ



☆番外編

どこに行こうが公園に行きたがる4歳男子が一緒なので、いくつかの公園に立ち寄った。
地面がね、砂なのですよ。

ほらっ



barcelone12.jpg



立ち寄らないまでも、ちょっとのぞいた公園も全て砂浜状態。
確かに転んでも痛くないだろうけど、靴の中に砂が入ってビーサンに
履き替えたくなった。




すっかり気に入ったバルセロナ、旅行記はあと少し続く、、、。

関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/427-24b53653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。