×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×● スペイン旅行 備忘録 vol.4 - レストラン 編 -

備忘録の〆は、もちろん「飲食」です。



☆ ファストフードもファミレスもタパス

今回の旅行で何よりも良かったのが食事。
噂に違わずスペインはおいしかった、、、

日本人が大好きな魚介類が豊富で、居酒屋感覚でいろんなものをつまめるタパスは、
特に子連れにはすごく都合がいい。
フランスよりさらにサラリーの低いスペインなので、安く感じることができる点も


さて、こちらはフランスでいう「ケバブ屋」風のタパス屋。
肉、肉、肉、、、のヘビーなケバブ屋より、こっちの方がずっとそそられます。

barcelone13.jpg
お店の雰囲気は、まさにフランスのケバブ屋

barcelone14.jpg
いかリングにいわしの酢漬け、いわしのグリル、コロッケ
なんか、もう、お酒に合うものばっかり、酒飲みにはパラダイス


barcelone17.jpg
たこのカルパッチョ、ムール貝、いかの姿焼き、手長エビのグリル、、、
もう、ボトルもちこんでここで飲んでいたい...( ̄▽ ̄)


どうしても味見をしてみたくて、こういう系のお店でパエリヤとコロッケを購入。
ホテルでワイン片手に試食してみたけれど、いやいや、充分おいしい!
フランスのテイクアウェイ物のチョイスの少なさ、高さ、まずさ...を思ったら、
もう上出来。星ふたつあげちゃう♪



barcelone16.jpg
こちらはファミレス系タパス
小皿料理がずらり、もちろん1皿のお値段は安い
味が濃くて、ヘビーで、チョイスが少なく、どどんっと
1皿の量が多いフランスと違って、いろんな種類を楽しく選べる。
炭水化物と動物性たんぱく質、ぶどう糖だけで構成されたフランスの
「お子様メニュー」と比べると、天国ですわ

barcelone19.jpg
左は、地ビール、これ必須
右手前は、小さなタコ
ムスコ、タコの足を口からはみ出させながら、がっつり食べてた(笑)

barcelone18.jpg
こちらは、地下鉄構内にあった「ハムスタンド」
おばちゃんが一人、せっせと切ってくれてマス
ドイツやベルギーでは、あちこちに立ってる「フレンチフライスタンド」
スペインでは、ハムになるのね~(笑)




☆ タパスレストラン

今回、絶対に行きたいと強く心に決めていたのがココ。
地元でもかなり有名な人気店らしい。

スペインの晩ご飯は、ものすごく遅いことで有名。
早くても20時オープン、となると、子連れではちょっとキビシイ。
ってか、友達に「漁師」なんてあだ名をつけられからかわれてるくらい、少なくとも
ここ5年は、早起きがクセになってる私にもキビシイ。(笑)
(ムスコ、20時~20時半就寝→6時起床、私 21時半~22時就寝→4時か
4時半起床。で、一緒に7時頃家を出るイメージ。)


ということで、まずはランチで挑戦。
たまたまちょっと早目のお昼頃、この近辺にいたので、お店の開店時間を
確認しておこうと行ってみたら、11時20分頃の時点ですでに開いていた。
それなら、入ってしまおうということになり、まだ、空席の目立つ店内に
案内してもらった。(この時点で、すっかり食事中の人も割りといた。その他、
子連れが何組か。)

いや、もう、入っちゃって正解!
メニューとにらめっこをして、やっとお目当てのものを注文。
ワインをぷはーっとやり始めた頃、ふと入り口を振り返ったら、人で溢れ返ってる
じゃあないのっっっ!


barcelone15.jpg
好きな食べ物は何? 「エビ!」と即答するくらいのエビラーの私が
狙っていたのは、このエビの串刺し Brocheta de langostinos
ムスコは、ぷりぷりっのイカリングがいたくお気に召した様子♪



お会計を終えてお店を出た12時半過ぎには、人をかきわけ、やっと外へ。
子連れでこんな状態の中、順番待ちなんて不可能なわけで、、、泣く泣く大人が
諦めていたであろうことを思うと、素晴らしすぎる運の良さ
普段、フル回転でがんばっているご褒美なのだと思っとく

夢にまで見て、恋焦がれた新鮮な魚介類。
たった1回のランチごときで満たされるわけもなく(^^;)、最終日の夜に
遅くなるのを覚悟の上で再度挑戦。

この近辺を観光していて、サイトで確認できなかった営業時間でも先に
確認しておこうと、18時過ぎに行ってみたら、、、まさかの開店済み!
子連れ客、がんがん入ってるし!!! 

もうこうなったら入ってしまおう、そして、日本のお寿司屋さんのごとく
ずらりとショーケースの並ぶカウンター席を確保してやろうと、鼻息あらく入店


barcelone20.jpg
私達が陣取ったのはこのカウンター
冷菜やMontaditos(フランスでいうカナッペ。でも、もっとがっつり食べ応えがある。
1個から注文できるので、いろいろ楽しめてすごく良かった。)、野菜やエビなどの
食材がそのまま並び、それを調理してくれる

背後には、焼き専門のカウンター
こちらは、イカの丸焼きだの、ホタテだの、新鮮な魚介類祭り



お店を出た19時20分頃には、前回のランチの時と同様長蛇の列。
営業時間は、なんと朝8時から深夜1時までノンストップ。
ということは、早寝の子供連れでも思いっきり利用できるわけですよ。
ランチは、11時半までに、ディナーは18時半までに入店すれば、ゆったりと
食事ができる。

このタパス屋さんのためだけにバルセロナ行っちゃってもいいくらい
気に入ってしまいましたよ、私は。
しかも、このスバラシイ営業時間

Cerveceria Catalana
 Mallorca 236, Barcelona
 8:00~翌1:00(土・日9:00~)



☆ おまけ

旅に出ると、その土地のスーパーに寄るのが必須のワタシ。
さすが、魚介類の缶詰めもフランスとは違って種類が豊富で安い!
チップス類もお米やとうもろこしが原料のものなど、フランスでは
見かけないものをあれこれ。(もっと買ったがホテルで食べてしまった。笑)


barcelone21.jpg
2つのスーパーにて買い出ししたもの
いくつか面白そうなものを日本の兄へも送っておこうと、
重複してあれこれ購入してみた



しつこく続けたスペイン旅行備忘録、これにて終了。(^^)V
車で行けて、最低3泊あれば楽しめちゃう近場にこんなところがあるのなら、
どれだけ努力してもどうしても好きになれない、フランスのちっちゃくって、
垢抜けなくてなーんにもない地方田舎生活も、少しは我慢できる、、、かな!?(^^;)



関連記事
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

[トラバURL]http://cou17.blog14.fc2.com/tb.php/428-31e43310
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。