×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×じんましん

休暇を1日とって、週末&祝日とくっつけて、念願だった20年振り?(ひー!)の
イタリア旅行に行ってきました~。

楽しかったイタリア旅行記は、ちょっと置いておいて、ムスコ初の蕁麻疹について
忘れないうちに、、、。


イタリア旅行中、ムスコ、初の蕁麻疹(=Urticaire)発症。
あまりにも私の子供時代にそっくりで、すぐにピンと来た。
同時に「あぁ、私の面倒な体質、思いっきり受け継いじゃったんだな...。」と。
今までは可能性として、常に疑っていたことを確信。
あぁ~、一番似て欲しくない部分が似てしまった

旅行記はすっ飛ばして、以下、備忘録。

旅行3日目(金) 左の頬に赤味。
   4日目(土) 右の頬にも赤味、両腕肩からひじまで斑点状の赤味。
   5日目(日) 左の頬は赤味が多少引いた。それ以外は、変わらず。

旅行から戻って1日目(月) 
            頬は両方共ほぼ落ち着いた。
            両腕は昨日よりはいいがまだ斑点状。
            両足全体に斑点状の赤味、お腹・背中・お尻にも赤味。
            お腹に常にあるアトピー状のカサカサに赤味。
            この日から、動物性たんぱく質ナシの食事。(夜のみ)

       ★晩御飯
           具沢山味噌汁(BIO瓶詰めのもやし、にんじん、ねぎ)、
           BIO野菜の瓶詰め(ブロッコリー、にんじん)→ほとんど
           食べず、ベットラヴのサラダ(ドレッシングなし)

2日目(火)  頬はすっかり落ち着いた。
          腕・足・お尻にうっすらと斑点。全身、全体的に多少赤味。

       ★晩御飯
           うどん半玉 昆布出汁で(具は、わかめ・白菜・大根)

3日目(水) 18時にアポが取れ小児科へ。
      たんぱく質のとり過ぎ(+旅行中の疲れと私の体質を遺伝)という
      私の見解にドクターも同意。
      私が参考にしているアレルギー抗原表に従い、抗原レベルの高いものと
      動物性たんぱく質は与えず、刺激物を体外に排出して落ち着かせる
      という私の意見に、ドクターも同意見。
        ※ムスコの離乳食のため、昔自分で訳したアレルギー抗原表。
            小児科がコピーを取らせてくれって。
            結局、この日の診察は、自分の意見をしゃべりまくる私に、医者が同意しているだけ。
            う~む、アレルギー・アトピー、それにまつわる食べ物との関連性など、この部分に
            おいてだけは、私、本当にイケルかも!?(笑)


      私の希望通り、アレルギーテストを行うことにも賛成。
      着実に斑点は引いていってはいるが、全身、全体的に赤味。
      手と足には、まだ斑点が残っている。

       ★晩御飯
           白米・焼き海苔・蒸し野菜(ブロッコリー・にんじん)、
           ベットラヴ(ドレッシングなし)

続きを読む

×ムスコ、カレーデビュー!?

ムスコ用に、甘口のカレーライスをそろそろ作ってみたい! と思いつつ、
常備している数種のスパイスを調合した自分用は間違いなく辛いので、辛味抜きで
調合しなくちゃな~、、、なんて思いながらあっという間に時間が経ってしまった...。

買出しに出かけたアジアンスーパーにて、たまたまこんなモノを発見。

aliment63.jpg


ひーーー! 子供の1食分で2.90ユーロ
貧乏性の私は、こういう割高なものは普段、絶対に買わない。
でもねぇ、せっかくムスコ用に辛味抜きのカレー粉を調合しても、好きじゃなかったら
どうしようもないし、だいたい子供用のカレーの濃さや辛さの感じがわからないし。
お手本用に思い切って買ってみようと、清水の舞台から飛び降りたワケなのです。

一応、ムスコもわずかながらにカレー経験はあって、初めては1歳4ヶ月の頃日本にて、
和光堂かどこかのベビーフードに挑戦。
が、1口でアウト
確かに、私が食べても結構味が濃くて、意外と辛かった。

そして、今回、人生で2回目のカレーでございます。
結果は、、、撃沈...。
2口くらい食べて、ぷいっ
そんなに普段、私が作るものって味が薄いかね???

仕方がないので、この高価なポケモンカレー。残りは、私が平らげました。
なんだか懐かしい味で、おいしかった

×にんじんの葉のゴマ炒め

大根やにんじんの葉っぱ部分が大好物なワタシ。
捨てられがちな部分なのに、栄養価がすこぶる高いっていうお得感が、変なところで
貧乏くさい私のツボにはまるのかもしれない。
こっちで生活をしていると、どうしても魚と縁遠くなってしまうので、葉っぱ部分は、
特にカルシウムが豊富ってのを聞くと、さらに魅力的に思えるんだわー。

大根を、葉っぱ付きで売られているのを見かけることはないけれど、にんじんの
葉っぱは日本よりも見かけると思う。
だけど、マルシェで葉っぱ付きのにんじんを買う時には、先にお願いをして
おかないと、むんずっと乱暴に引きちぎられてゴミ箱送りとなってしまう。

さて、今回は、油で炒めて、お出汁・砂糖・しょう油でささっと炒め煮に。
香り付けにごま油をちょろっといれてゴマを放り込んでおしまい。

私は、適当な野菜でこの手の炒めモノをまとめて作っておくことが多い。
うどん、おそば、パスタの具に、ご飯に混ぜたり、、、と、どうとでも使える。
お昼は、基本的にお弁当を持参してるので、こういう万能選手を作り置きしておくと、
ムスコが寝た後にパスタでも茹でて、ちゃちゃっと混ぜればはい、出来上がり
あと、かなりガツガツと量を食べるムスコが「足りないー、もっとよこせー!」となった時に、
冷凍ご飯をチンとしてこういう具材を混ぜるだけでいい間に合わせになるのデス。

aliment65.jpg

炊きあがったご飯に混ぜただけ。
混ぜご飯、炊き込みご飯、チャーハン。
具材はなんであれ、ムスコはコレ系のものが大好き。


aliment66.jpg


週末のお昼には、冷凍しておいたご飯にこのゴマ炒めを放り込んでこのケチャップ
いやー、久しぶりに作った、オムライスなんて。
薄焼き卵でご飯を包んでいる時に、モタついてしまって、ちと焼き過ぎた
子供がオムライスを食べる姿って、なんだか妙にマッチしてやたらとかわいい

×シンプルふりかけ

帰国する友達がプレゼントしてくれた貴重なニボシ。
出汁をとった後は、お茶ガラと合わせてふりかけにした。

有り難いことに、日本のふりかけはこっちでも買える。
きちんと日本で知られているメーカーの定番モノが置いてある。
が、当たり前だけど、高い、高い
特に、こっちのサラリーに対しての割高感は破格。
んとに、輸入に弱い国だよ...。

ニボシとお茶ガラにしょう油で味付けして、ゴマを混ぜただけの
素朴なふりかけ。
時には、出汁をとった後の昆布をいれてみたりもする。
なんの「捻り」もない味だけど(笑)、余分なモノが入っていなくてヨロシイ、
ってことにしておこう

aliment64.jpg




×とうもろこしご飯

面倒くさがりの私は、「炊き込みご飯」率がすごく高い。
いろんな食材をいっぺんに食べられる手軽さと、炊飯器任せで、
放って置けば勝手にやってくれるところが魅力的。

さて、今回は、珍しくシンプルに「とうもろこしご飯」。

aliment62.jpg


ムスコ、とうもろこしだけをほじくったりもしてたけど(笑)、何を炊き込もうが
なんとも頼もしい食いっぷりをしてくれる。

お出汁と塩をいれたけど、塩だけでもよかったかもなー。
それか、炒り子出汁じゃなくて昆布+塩、だな。

×日本の南瓜でパスタ

こちらで南瓜というと、黄色い皮に覆われた、なんとも水っぽいぼんやりした味
なので、ブイヨンを足してスープとして食するのが定番の料理法。
ポティマロンと呼ばれる、日本の南瓜に少し近い、ほっこりとしたモノ出回っているけれど、
日本の栗南瓜を知っている私たちにはそれでも物足りない。

が、数年前から、ポツポツとではあるけれど「Hokkaido」と名付けられ、深い緑色の皮に
包まれた日本の南瓜を見かけるようになった。

ぼちぼち最低限の料理が出来る生活になりつつあるこの頃。
マルシェで見つけた「Hokkaido」をいそいそと買ってみた。
半分は普通の煮物、残りの半分はパスタに

aliment55.jpg


よーく炒めた玉ねぎにニンジン、BIOのソーセージを入れて、蒸かして荒っぽくマッシュ
したHokkaidoと天然塩をいれただけ。
大人にはちょっと甘ったるいので、自分の分にはかれこれ10年くらい前から愛用している
「手作りカレー粉」で味をしめる。


ねとっと甘くて、ムスコが好きそうな味、と思った通り。
あっちゃこっちゃにダンボールが積まれたままの部屋で、モリモリ食べた、食べた

今年はまだまだ、日本の南瓜を楽しむぞーいっ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。