×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×子育て>仕事>家事

「仕事もしながら、家事と育児こなしてえらいよね~。」と、
一方的に感心されて困ることがある。
誤解です、それは。


だって、家事、こなせてなんていませんから


で、「いやいや、そんなことなくて、、、。」と、弁解しようものなら
「またまたー!」と「謙遜してる人」に仕立て上げられてしまって、
とっても座りが悪い。

確かに、共働きの親の元で育ち、一人暮らしも長かったから、
身の回りのことは自分でするのが条件反射になっているとは思う。
そして、こんな調子で長いこと生きてきたので、身の回りのこと=家事全般
の要領は、もともと悪い方ではないと思う。

でもね、一番の強みは「最初からこなすつもりがない。」
ところではなかろうか...と。( ̄▽ ̄)

料理はします。
食洗機がないので、洗い物もします。
洗濯は、最低限困らない程度に「衣類は」洗います。
告白すると、寝具やバスタオル類をマメに洗うだなんて、そんな
神がかったことは到底出来ていません。
どれくらいの頻度で洗ってるかは、ナイショにさせてください。
墓場まで持って行きます...。

続きを読む

×胎内記憶

子供の3人に一人は、お腹にいた頃の記憶があると聞く。

今までムスコに聞くこともなく、なんとなく過ぎてしまった。
が、とある日、ムスコの方から「ぼく、ママのここにいたよね?」と
胸元(肺のあたり)に手を当てて言い出した。
もちろん、そんなところに赤ちゃんがいるわけがないので「ちがうよ~。
こっちだよ。」とお腹に手を当てて説明した。

「ぼく、ママのお腹いた時、しずか~にねんねしてたよね。」
「ぼく、こーやって寝てたよ。おりこうさんにしてたよ。」
「ママ、ギリギリ(=こちょこちょくすぐること)やったでしょ?」
「ぼく、あと、なにやってた?」

こんなことをやたら言うようになった。
こういう会話をムスコとするのは、ホンワカした気持ちにはなったけど、
赤ちゃんが出てくる絵本やDVDの影響でも受けたのかな~、
くらいにしか思ってなかった。

が、何度否定しても、私の胸元を指して「ぼく、ここにいた。」と、
これだけは頑固に言い張る。

「ママのお腹でたあと、ぼく、すぐにここにいったでしょ。
ママ、何度もぼくの名前、○○○、○○○って、言ったでしょ。」

、、、やっとわかった。

結構な難産の末、やっとこ出てきたと思ったらそのままどさっと
胸元に置かれ、確かにムスコの言う通り何度も名前を呼んだ。
そして、これは、私しか知らないこと。(産後、オンナ友達に話したことは
あるけど、ムスコにしたことはない。)

胎内記憶って、本当にあるのね。

こういう時ばかりは、毎日駆けずり回ってここまでやってきた日々が報われる。
やっとこ1人を授かって、母親にしてもらえたことは当たり前じゃない
んだよなぁ~、、、と心から思う。

なのに、毎日せかしてばっかで、般若のように怒り狂う母でごめんちゃい...

×そうだ、日本へ帰ろう

今年の目標にかかげている『日本帰国』。
子供が義務教育である小学校に入ってしまうと、2週間の学校休暇や
夏休みを利用する以外の選択肢はなくなってしまう。
仕事をしていると1年に1回帰国なんてあり得ないので、今年帰れば
間違いなく来年は帰らない。
つまり、今年が好きな時期に帰れるラストチャンスということになる。

もう10年、日本の夏を意地でも避けているので(苦笑)、今年を
最後としてどうしてのあの茹だるように暑い時期は避けたい。
私の仕事は、月末月初が特に戦争のように忙しくなるので、その時期の
休暇は避けたい。
出来れば、気候のよくなった秋口、そして、学童保育費倹約のため
できれば秋の学校休みに重ねたい、、、が、ちょうど忙しい時期に
ぶつかってしまう。

なーんて、チケットの値段と運べる荷物の重さも併せて検討していたら、
もう、にっちもさっちもいかなくなってしまった

続きを読む

×2012年を振り返り、2013年を思ふ

、、、あっという間に今年も終わり、と下書き保存したら、すごい早さで
1月が終わってしまい、書き足して「1月ももう終わり」と保存したら、
2月まで終わってしまった...
なんだか、下書き繰り返してるうちに今年が終わってしまいそうだ...

いまさら感は否めないが、たまには立ち止まって昨年を振り返って
みることにする。

総括すると、どの分野でもとっても充実していた2012年だった
何よりも、仕事面で長い間望んでいた「着地点」に到達できたこと。
仕事が充実すれば、必然的に私生活も落ち着くわけで。

ここ数年、年末になると溜まった疲れから、ドカッと体調を壊すことが
続いていたけれど、今年は最後まで持ちこたえられた。
合い間合い間に、深夜リバースしちゃったりなど、過労や睡眠不足からくる
体調不良や風邪の初期症状は数回あったものの、なんとか欠勤せずに
乗り切ったので、健康面もまずまずだったと言っていいでしょー

子育てでは、ムスコは相変わらず好き嫌いなくよく食べ、よく出し(笑)、
そのお陰か病気もせず元気に過ごしてくれている。
相変わらず、まだママといちゃいちゃしてくれるので、すごく楽しい

よくしゃべり、よく笑い、歌うの大好き、歌に合わせて踊るのも好き。
お友達も先生もみんな大好き、学童保育でもこれは同じ。
託児所時代、保育士さんに「この子は、なんにでも興味があって、
何をやっても楽しい。シアワセな子ね。」と、よく言われていたのだけど、
まさにそのまんま大きくなった感じ。(笑)

親が言うのもナンですが、朗らかで、素直な子供らしい子、です。
い・ま・の・と・こ・ろ。(笑)


さて、今年の目標は、と。

1、親知らずを抜く
2、日常生活の改善
3、日本帰国
  


、、、改めて文字にして並べると、ロマンの欠片もないわね
現実的過ぎて、非常にハードル低く見えるかもしれませんが、
私にとってはここ数年待ち望んでいるキラキラした目標なのデス。(^^;)

続きを読む

×今年一番のプレゼント

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

×有給の使い道、、、。

今年に入って、私が取得した休暇。

5月の祝日近辺、8月の後半、そして、11月の祝日の後。
休暇申請をした理由は、単に「子供の預け先がないから」。
そもそも、フランスの学校は、異常なまでに休みが多い。
それに合わせて、託児所や学童保育まで閉められてしまう日が結構あり、
そうなると働くお母さんとしてはお手上げ。

もはや、私の休暇だけでまかなえるレベルではなく、合計して
2週間以上を有り難いママ友のお世話になった。
本当に、つくづく「働くお母さん」に不利な国だと思う。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。