×スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

×5歳半、ムスコの言葉

タ行が弱いムスコ。

たまごは「ぱまご」、テレビは「ペレディ」、パンタロンは「パンパロン」
トマトは「ぽまと」、食べるは「ぱべる」、お友達は「おぽもばち」。
ダメを「ぱめ」と言う悶絶級にかわいかった時代が終わった後でも、
この辺りはしっかり継続してた。(「ダメ」を「まめ」と発音する子もいるらしい。
それもかわいい~
というか、私が継続させてた。
絶対に直さないよう気をつけてたわけですよ。
私の癒しのためにっ!

「とうもろこし」と「かたつむり」も、しばしば間違ってくれて「とうころもし」と
「かかむつり」になるのが、あないとし。
だが、しかし、、、2014年5月初旬、とうとうバレてしまった…

バイト時代の仲間で、日本語を話すフランス人の子がいるのだけど、
自分の言ったことがその子に通じず、自分の発音がおかしいということに
気付いてしまった模様...。


「ぼく、ぱまごぱべるぅ~。」


仕事の疲れがぶっとぶくらいの癒し効果があったこの一言。
今じゃ「ぼく、たまごたべる。」。 嗚呼、ふつー。(- -)

続きを読む

×気づいたら2014年...

すさまじい速度で過ぎる日々に相変わらず忙殺され続け、、、時はもう3月

ついでにイイワケをすると、日本語に接する機会があまりにも少な過ぎて、
日本語の読み書き自体がどうも億劫になってしまいまして...
その上、年末年始もカレンダー通りに働いてると、メリハリがなくずるずるっと
勝手に年が明けてしまい...。(苦笑)

さて、昨年に掲げた目標の達成具合を確認。コチラ

結局、唯一果たせたのが4年ぶりの「日本帰国」(^^)V

2週間ちょっとの「買い出し、食い倒れ、再会尽くし」。
息子の頼もしい食欲と社交性に助けられ、大人のペースで振り回しまくった
というのに、しっかりとついてきてくれた。

フランスのド田舎で地味~に、会社と子供の送り迎えとスーパーの間をぐるぐる
行き来してるだけの私には、東京のドでかさに今更ながら圧倒されましたよ...。

学生時代、チャリでバイトの往復をしてた我が青春の聖地「渋谷」も
えらい変貌を遂げ、なんかもうよくわかんないことになってたし。
予約の電話で「ミッドタウン」と言われて、どこのエリアを指してるのかも
わかんなかったし(正解は六本木)
友達が待ち合わせに指定してきた「Qフロント」もわかんなかった。(正解は渋谷。
有名なスクランブル交差点に面した巨大ツタヤがあるビルのことを言うらしい。)

続きを読む

×ムスコ5歳

ムスコ、5歳。
フランスでは、幼稚園の最終学年、年長さんです。

ずっとスルーしてきたお友達を招いての『お誕生会』。
さすがに逃げるのは限界になってきたかな、と...。(^^;)
お誘いもずいぶん多くなったし、本人も意識するようになった。

もう、今年は、清水の舞台からバンジージャンプする気分で、計画たてましたよ...
ムスコが生まれたのは新学期早々の慌しい時期なので、私自身が
とてもじゃないが追いつかない。
よって、ぐっと遅らせて日程をフィックス。

誕生日の当日は、こんな↓お菓子セットと 既製品 の巨大パネトーネ@5kgにて。


5ans.jpg



せめて、誕生日当日が月曜日にあたるのであれば、なんとか前日の日曜日に
しこむ手があるが(冷凍庫にスペースが確保できれば冷凍保存の手もあるけど、
日常の作り置きですでにパンパン )、たとえ簡単なパウンドケーキでも1分の
隙間もない平日の帰宅後作る余裕なんて、、、ムリムリムリ!!!
しかも、人数多いのでミニマム要3本...。(ーー;)

このお菓子セットなら、2週間くらい前から土曜日の買い出しの時に、ちょこちょこ
買い置きして、週末に袋詰め、作業を分割するという手が使えるワケです。
外で毎日働く忙しいお母さんにとって、1時間、2時間、などまとまった時間を
作るのって、実は、想像以上に大変なものなのですよ。

で、お菓子+どどーーんっと巨大なパネトーネでサプライズ♪(実際、男の人が
抱えても、パネトーネが歩いてるように見えるくらいデカイ。笑)
この巨大さで、既製品というマイナスポイントを誤魔化す作戦。おーほっほっ...

実際、デカさにバカ受けしたらしく、既製品=ママが作っていない、という
真実は完全に忘れさられた模様。うしし。( ̄▽ ̄)V

続きを読む

×5歳のお誕生日プレゼント

5歳のお誕生日は、自転車にすることにした。
あれこれリサーチした結果、品質と安全性に優れていると評判のいい
ドイツ製のPUKYに決定!

このフランスの地方都市では、取り扱いのあるお店がかなり限られている。
しかも、フランスの週末は土曜日しかお店が開かない。

貴重な唯一の稼働日である土曜日は、毎週朝から晩まで、パツパツで
晩ご飯を用意するのもままならず、、、そこに新たな業務を無理矢理つめこむわけで
フルタイムで働くお母さんにとっては、買いに行くだけで至難の業...

それでもなんとか、愛するムスコのためにオーガナイズし、かろうじて出張が
入らなかった仕事中のパパも途中で合流。
下調べをしてインチ数も決めていたので、あとは、ムスコが試乗をして高さなどを
確認し、数種の中からデザインを決めるのみ。

あとは、組み立ててもらえば全て完了。
が、仕事の合い間に無理矢理抜けて来たパパさん、これ以上は難しいという。
こっちも、これから買い出しでマックスまで重くなったショッピングカートを
ひいこら引いて帰る予定。
とても、追加して、自転車初心者のくせに浮かれまくった5歳児を公道を
走らせてそれを引率するなんて、あまりにも危険
たいがいのハードルは母子だけで解決してきた私だが、これは冷静にムリです。
いや、人より経験があるからこそできる判断。(-_-)
続きを読む

×初☆夏休み

ムスコの学童保育が閉まってしまう2週間に合わせて
取得した「人生初の有給2週間」、あえなく終了。

今年の夏は、去年3回も切られたスピード違反(夏季は、特設カメラが
すんごく増える)だが、今年はこのまま切られることなく無事
終了しそうな気配( ̄▽ ̄)V

そして、この輝かしい2週間という休暇も取得できて、今年の夏は
平和に過ごせた気がする。
それにしても、2週間も仕事をしない、送り迎えもない、って、こんなにも
楽なものなのね
そして、働いていないのに、給与は変わらず振り込まれるわけで。
、、、ああ、なんてすばらしい。
労働していないのに生活に困らないだなんてー。(T▽T)

起床時間は、普段ならとっくに家を出ている7時過ぎ。
その分夜更かしもしてやろうと企んでいたのに、この5年ですりこまれた
「ばあさん生活」のせいで(詳細はこちら)、たいして遅くまで起きて
いられなかった…。(苦笑)

さて、この2週間は、直前に決意した3泊4日のスペイン旅行のみ。
あとは、自宅にて主婦活動。
普段の生活では、日常の買い出し以外の用事(例:IKEAや車のパーツ屋に
行く、タイヤの空気圧確認みたいな。)までは、到底手が回らないので、
ン年越し?で放置してきたこの辺りのことを、片っ端からやっつけた。

そして、私にしては珍しく「○○掃除」とタイトルがつくような
掃除をしましたのよっ!!!
お風呂掃除でしょ、洗面所のシンク、冷蔵庫内になぜだか育った巨大な
氷を取り除き野菜ボックスまで全部お掃除♪
キッチンで油まみれ&埃まみれになった調味料入れの掃除、湯沸しポットの
カルキ取り&外側もピカピカにお掃除♪

、、、この程度のこと、たいがいの人は当たり前に、且つ、定期的にこなして
いるのでしょうが、私にとってはもはや奇跡なわけで...。
「いやー、私って、すごいなー、きれい好きのデキル主婦みたい♪」なんて、
自分自身にうっとりしながら作業しましたさ

それから、普段は、ムスコと向き合う時間がまったくとれず、、、。
最低限の清潔と健康の維持=食事・お風呂・洗濯、これで時間&燃料切れで、
「生きながらえさせること」だけで手一杯、、、。(^^ ;)

なので、幼稚園の復習ノートを一緒にやってみたり(お勉強という大げさな
ものではなく、ちゃんと座って人の話を聞く練習的な。)、スーパーで
「野菜」「果物」「肉」「魚」の分類について、個々の食材について改めて
説明してみたり、そんなことをやってみた。

そーこーしているうちに、あっという間に終わった2週間。
こんな楽な生活が1ヶ月続いたら、おそらく脳ミソがフリーズして、
社会復帰が出来なくなりそうだけど、2週間であれば、適度な休息と
頭の切り替えをするのに丁度いい時間だったかもしれない。

さて、またいつもの生活に戻りますかー。

×● スペイン旅行 備忘録 vol.4 - レストラン 編 -

備忘録の〆は、もちろん「飲食」です。



☆ ファストフードもファミレスもタパス

今回の旅行で何よりも良かったのが食事。
噂に違わずスペインはおいしかった、、、

日本人が大好きな魚介類が豊富で、居酒屋感覚でいろんなものをつまめるタパスは、
特に子連れにはすごく都合がいい。
フランスよりさらにサラリーの低いスペインなので、安く感じることができる点も


さて、こちらはフランスでいう「ケバブ屋」風のタパス屋。
肉、肉、肉、、、のヘビーなケバブ屋より、こっちの方がずっとそそられます。

barcelone13.jpg
お店の雰囲気は、まさにフランスのケバブ屋

barcelone14.jpg
いかリングにいわしの酢漬け、いわしのグリル、コロッケ
なんか、もう、お酒に合うものばっかり、酒飲みにはパラダイス


barcelone17.jpg
たこのカルパッチョ、ムール貝、いかの姿焼き、手長エビのグリル、、、
もう、ボトルもちこんでここで飲んでいたい...( ̄▽ ̄)


どうしても味見をしてみたくて、こういう系のお店でパエリヤとコロッケを購入。
ホテルでワイン片手に試食してみたけれど、いやいや、充分おいしい!
フランスのテイクアウェイ物のチョイスの少なさ、高さ、まずさ...を思ったら、
もう上出来。星ふたつあげちゃう♪


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。